丹後の地名 若狭版

若狭

持田(もちだ)
福井県三方上中郡若狭町持田


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


福井県三方上中郡若狭町持田

福井県遠敷郡上中町持田

持田の概要




《持田の概要》
鳥羽川西岸の集落。鳥羽谷の最南端に位置する。
中世のもち田。弘治2年(1556)6月22日付の明通寺鐘鋳勧進算用状に「五十文もち田」と見える。
近世の持田村は、江戸期~明治22年の村。小浜藩領。明治4年小浜県、以降敦賀県、滋賀県を経て、同14年福井県に所属。同22年鳥羽村の大字となる。
近代の持田は、明治22年~現在の大字名。はじめ鳥羽村、昭和29年からは上中町、平成17年からは若狭町の大字。明治24年の幅員は東西1町余・南北2町余、戸数24、人口は男60・女34、学校1。


《持田の人口・世帯数》 66・23


《持田の主な社寺など》

熊野神社

熊野権現の祭日は3月16日、7年に1度能の奉納があったという。近代に入り熊野神社は村社となる。
『上中町郷土誌』
熊野神社 持田
祭神 櫛御気野命
由緒 勧請年代 未詳
紀伊国牟呂郡本宮を移し祭る、寛文七年国内神社書上あり、持田村より熊野神社山崎明神と書上あり
   明治元年神祠合殿 若狭国神名帳曰従三位山崎明神、
社寺由緒記 持田村氏神能野椎現 小さき社に御座候へ共由緒不二相知一候略レ之
   延宝二年    持田村庄屋 四郎兵衛


浄土真宗本願寺派西教寺

『遠敷郡誌』
西教寺 眞宗本願寺派にして本尊は阿彌陀如来なり、島羽村持田字奥條に在り。

『上中町郷土誌』
西教寺 浄土真宗 持田
創建 年月日不詳 開基円起
由緒 当寺は元天台宗に属し開基円起は当所領主新田左衛門の末子なり。延宝五丁巳年正月第二世玄意真宗に帰依し滝下山西教寺と祢せり
(社寺由緒記)
西本願寺宗新覚寺末寺に而由緒無レ之略レ之
  持田庄屋 四郎兵衛
本尊は阿弥陀如来



持田城
当地と西方杉山との境、村の背後の山、通称高畑山の頂(約258m)に、戦国期当地辺りを領知した新田氏の城跡がある。「若狭郡県志」に「堤村内藤佐渡守所レ築而、家臣新田式部守レ之、鳥羽兵衛孫、左衛門亡後構レ之者乎、式部領二三方管浜、丹生之辺一」とあり、新田氏は守護武田氏の重臣内藤氏の被官であった。ここからは鳥羽谷がよく見え、内藤氏の本城箱ヶ岳城からは死角になる部分をこの城で補ったことが推測される。全長50m、最大幅13mで、見張台的な要素が強い。連歌師紹巴の「天橋立紀行」に「仁田越後守かりそめの定宿にて」とみえる仁田越後守は新田氏かという。
『上中町郷土誌』
持田村城址 (持田)
上中郡持田村右二城址一堤村城主内藤佐渡守所レ築而家臣新田式部守レ之鳥羽兵衛孫、左衛門に後構レ三者式部領二三方萱浜、丹生、之辺一是即釆食之所也。


《交通》


《産業》


《姓氏・人物》


持田の主な歴史記録


『上中町郷土誌』
持田
持田は鳥羽地区西側最南端にありて、戸数二十一、真宗西教寺は西方山麓にありて新田左衛門尉の後裔代々住職す。氏神熊野神社は県道脇田圃の中の一小丘上に祀られる。
新川左衛門の山堡ありしという城の尾は部落の背後に聳ゆ、また北方長江に隣する岡鼻と呼ぶ、眺望よく小高き所は古来地区民の迎送にまた別れを惜しんだ所で過ぎし日清、日露の役等を廻想し転た懐旧の情を催すのである。この辺に戦死者の碑がいくつも建っている。
嘉永年代における石高は二百五十石六斗四升九合とあり。持田部落前面の田圃は土地肥沃なるも、地盤低く排水悪しく米作には悪条件なりしも、土地改良によって昔からの不安を一掃し豊穣の地と化した。

持田の伝説





持田の小字一覧


『上中町郷土誌』
持田区の小字
小谷 馬場崎 江バタ 横枕 江添 カツ取 ウバタ 鈴尾 山田 高畔 森之越 ナカヱ田 南ノ上 道ノ下 道ノ上 向倉 南谷 奥条 谷田 山ノ神 畠尻 コモ中 皆脇 上奥条

関連情報





資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順


若狭・越前
    市町別
 
福井県大飯郡高浜町
福井県大飯郡おおい町
福井県小浜市
福井県三方上中郡若狭町
福井県三方郡美浜町
福井県敦賀市

丹後・丹波
 市町別
 
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市




【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『福井県の地名』(平凡社)
『遠敷郡誌』
『上中町郷土誌』
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2021 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved