丹後の地名 若狭版

若狭

新道(しんどう)
福井県三方上中郡若狭町新道


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


福井県三方上中郡若狭町新道

福井県遠敷郡上中町新道

新道の概要




《新道の概要》
北川の上流右岸の山間部に位置する。熊川宿の反対側である。地名は、三方郡から京都への通路として新道越の道路が開削され瓜生荘一の瀬から漸次移住して集落を成したことによるという(熊川村誌)が、ニイド、丹生土のことかも知れない。
近世の新道村は、江戸期~明治22年の村。小村にー瀬がある。小浜藩領。明治4年小浜県、以降敦賀県、滋賀県を経て、同14年福井県に所属。同22年熊川村の大字となる。
近代の新道は、明治22年~現在の大字名。はじめ熊川村、昭和29年からは上中町、平成17年からは若狭町の大字。明治24年の幅員は東西15町・南北2町余、戸数100、人口は男246・女267。昭和37年に大火があり17戸が焼失。


《新道の人口・世帯数》 450・165

《新道の主な社寺など》

白石神社

『遠敷郡誌』
白石神社 村社にして祭神不詳なり、同村新道字雹谷にあり、境内に山神神社祭神大山祗命あり、天龍神社は祭神不詳にして明治四十二年字池ノ尻より合併す。

『上中町郷土誌』
新道白石神社
新道小字雹谷にあり 新道区の産土神にして祭神は若狭彦命 共創建は不詳
天竜池明神
池の尻に住居たる大蛇を祭りたりと云う 池の谷大岩の麓に雨の神として祀りありしを明治四十三年白石神社境内へ移す。
社寺由緒記  新道村氏神白石大明神 五尺四面の社也古伝二伊勢山田一勧請由為レ差由緒無レ之略レ之



真宗大谷派永平山真覚寺

『遠敷郡誌』
眞覺寺 眞宗大谷派にして本尊は阿彌陀佛なり、熊川村新道字禰宜田に在り、昔時道元高島郡朽木弘照寺建立の爲め此地に来り一小庵を結ばれ、延文二年永平參河守之れを修補して一禅寺を創立せしが中古頽廢し後眞宗本願寺の末寺となる。

『上中町郷土誌』
真覚寺 真宗 新道
往時道元禅師近江高嶋郡朽木村弘照寺建立のためこの地に巡錫し一小庵を結ばれしが中古頽廃し後延文二丁酉年永平参河守なる人之を修補して一禅寺を創立せしが後真宗本願寺善如上人に帰依し本願寺の末寺となり教如上人東本願寺創立により大谷派に転じたものである。
〔社寺由緒記〕
新道村 西本願寺宗 真覚寺
 抑当寺開基は俗姓為二婆羅門氏一即永平参河守末孫也此三河守者始越前之国主而既於二越前一曹洞宗永平寺被二建立一厥后二子細一越前立退当国へ被二引越一当□□□有二居住一云々故往古の寺内雖為莫太太閤様御検地己來□狭□雖然永平伝之屋敷畑山林御免許而于レ今当寺□□□故山の名も平林と云也 ?に三河守嫡孫号二永平一藤衛門殿此仁始は為二禅宗一后被二依本願一一字道場被二建立一即当寺之開基也。夫より愚僧迄及二八代一候如是由緒依レ有レ之御本寺十一代之御門跡准如上人大僧正当国御下り之節従二諸寺一雖レ令二尋請一更無二御承引一当寺に有二御一宿一即為二1御褒美一開山之縁起絵伝四幅致二拝領一于レ今令二安置一古は末寺雖レ有二六ヶ寺一従二中興一四ヶ寺直参に成今は漸末寺二ヶ寺在レ之従二当住一三代以前迄永平系図之巻物并雖レ有二武具等一令二焼失一難二相知一先住之以二口伝一粗令二略述一頗山林竹木等諸役者従二浅野様一以来為二御赦免一者也、
  延宝三卯九月晦日
     庄屋   瀬兵衛



沼田氏出城跡。真言宗膳風寺遺跡がある。


《交通》


《産業》


《姓氏・人物》
松木長操の生誕地

村の入口に「義民松木荘左衛門生誕地」の碑が建てられている。
松木長操生誕地
松木長操(庄左衛門)は寛永二年(一六二五年)正月二十五日松木家三代目として当新道区に誕生。江戸時代の初め、領主京極氏が小兵城の移築に際しその経費捻出に大豆年貢の苞制を加増、誅求した。若狭農民ひとしく塗炭の苦しみにあいこの窮状を救うため若冠十六歳にして嘆願九年、更に投獄数年ついに磔刑によって二十八歳の生涯を閉じた。この義挙によって悲願の年貢は、旧制に復され以来若狭の農民はもとよりこのことを知る人々は長操を義民とたたえ神と仰いで今日に至っている。
(生家はここから約三〇〇米の山麓にあリます)


『遠敷郡誌』
松木長操
通稱荘左衛門寛永二年正月新道村に生れ、少にして頴悟なりしと、名家の出なりしを以て十六歳にして庄屋役となりしが先きに京極氏領主たるに及び貢租苛酷にして従来大豆は四斗一俵の制なりしを四斗五升に改められしかば百姓は其増徴に苦しみ、屡哀訴する所ありしも聴かれず、酒井家の時代に到りしかば寛永十七年有志の面々糾合して舊来の如くに減額されん亊を歎願せんとし二百五十二ヶ村の者凝議し松木莊左衛門を第一として二十餘名を選挙して総代とし、郡代役所に赴さて歎願せしが郡代の役人等は國守に反抗するものとして之れと容れず、呈出せし歎願書を却下せしも総代等は必成を期して再三歎願書を呈出し前後數十回約九ヶ年に及び、終に其言動は役人の忌避に觸れ、総代等を捕縛し入牢せしめたれ共、莊右衛門毫も屈せず、願意を主張す、藩吏も終に事情を酌量し藩主に具申して處決する所あり、貢豆の制は願の通り従前の制に復し百姓として領主の令を撓め強願せしは罪すべしとて磔刑を宜し、承應元年五月十六日日笠河原に於て處刑せらる、莊右衛門が人格高邁にして義気に富み、衆民の爲めには死をだに辭せざりし精神は領内の人々は勿論世人の欽慕感歎する所なり、日笠正明寺に葬る、明治二十四年有志相諮り日笠の遺跡に紀念碑を立つ。



新道の主な歴史記録


『上中町郷土誌』
新道区の沿革
新道区の起こりは三方郡より京都への通路として、新道越の道路開通によって起こった名称と考えられる。然るに其道路の開けたるは何時なるや知るよしも無いが、或説には瓜生庄にして小字一の瀬に始まり漸次新道に移りたるもので、天正年間まで沼田勘解由の食邑であったという。

右の如く文政年間頃には熊川の繁昌につれて、商工業者も出て戸数百四戸あったと旧記に見える。しかし明治維新後交通の変革と封建制の廃止によって、熊川駅の哀退と共に新道の商工業も又共に衰えた。
義民松木長操子は此地の生誕で同家は南向高燥の地を占め、後ろには山を脊負い麓に墓地と稲荷の森を擁している。
新道谷に沿うて北へ約二十町膳部と袮する所に、田九町歩余り、緩斜面の山を遶らした平地に往古天台宗の寺があったという寺跡があり今に寺谷堂谷の名が残る。その一角に鐘楼の跡を鐘撞田という。釣鐘埋没し居て植付の日は今も必ず雨降ると迷信す。
又山の鼻に天蓋山という築地の形もあり、此等を綜合するに或いは伝説のみでなく根拠あるやも知れぬ、又新道川の奥に池の尻と称する所は昔一大沼沢であって、大蛇の伝説もあるが、今は葭が繁茂しこれを刈り取ってお寺の屋根葺用としている。これを三丁程下って天龍池明神があり雨乞の神といわれたが、明治四十三年白石神社に合祀された。尚昭和廿八年十三台風の時にこの辺大いに荒れたので、龍神の怒りを鎮めんとて新たに小祠が営まれた。
産業には石灰山から石灰が生産され、初めて掘られた年月は不明で極めて古く大戦後まで続いたが今は廃山となる。
又製紙会社は松岡喜兵衛が三椏利用の為め、明治の末期に創始されたもので以後盛衰を経ながら今に至る。
琴ヶ淵の滝(伝説)は新道越の下傍にありて高さ二十四尺、往古盲の夫婦連が来り夫は琴を背負いて通行中誤まって転落して死す、婦は之を搜したが盲のこととて求め得ず。向山に登りて悲泣せり云々の伝説がある、その山の名を涙が洞と称すと。

新道の伝説

『越前若狭の伝説』
池の尻明神    (新道)
むかし白屋(しろや)のお石という女の人が、白屋の山を越えて新道の奥にある池の谷という所へよもぎを摘みに来た。池の谷には大きな池があったが、お石はいつもこの池のそばで休んで、池に顔を写しては髪を結うていた。ところが、この池には大蛇(だいじゃ)か住んでおり、お石はこの大蛇に見入られて自分も蛇(じゃ)休になってしまった。
お石がいつまでも帰らないので、親がさがしに行くと、お石が現われて「自分はもう家へ帰ることができない。ここの主(ぬし)になるため、おこわ(赤飯)を一斗(十八リットル)蒸して持って来てほしい。」といった。親が「子どもはお乳をほしがって泣いている。どうしたらよいのか。」と問うと、お石は「自分の目の玉を片方渡すから、子どもか泣いたらこれをねぶらせてほしい。」といって、目を片方くりぬいて渡した。それで、ここに住むへびやかえるはみな今なお片目であるともいわれる。親はおこわを蒸して持って来て、おひつごと池に投げ入れると、うずをまいて池の中に沈んで行った。
新道の奧の池のしりという所にある天竜池の明神(みょうじん。一般には池の神さんと呼ばれる。)は、大蛇になったお石をおまつりしたものである。そして、昔から八月一日は、この池の神さんのお祭として、とてもにぎやかであったし、また、子どものことをよく聞いて下さる神さまとして信心する人が多がった。なお、池の水に顔や姿を写して見ることを水がかみというが、池の主に見入られるから水かがみをしてはいけないともいわれている。 (永江秀雄)

三百年ほど前に三方郡にお石という女の人がいた。ある日新道山へよもぎを摘みに来た。一心にとっているうち暑くなったので、付近の池の尻(しり)へ顔を洗いに行った。洗いながら何気なく自分の顔を水鏡にうっしてみると、どうしたことか顔じゅううろこがはえていた。お石は自分の変った姿を悲しみ、そのまま池へとびこんでしまった。
お石の両親は、娘がいなくなっだので心配していると、ある夜の夢に「お石にあいたかったら、新道山の池の尻へ赤飯を入れてくれ。」という告げがあった。両親はさっそく赤飯をつくり、池へ持って行って入れると、蛇(じゃ)体のお石が現われた。
その後この蛇(じゃ)は、ときどき通行人を襲うので、村の人は社を建て、池の尻明神として祭った。その社は今なお新道山に存在し、村人の雨ごいの社となっている。  (福井県の伝説)
参照松木荘左衛門(次項)、蛇神さん(上中町安賀里)

松木荘左衛門   (新道)
今から三百年あまり前に、新道村に松木(まつのき)荘左衛門という庄屋がいた。勇気と知恵のあるりっぱな人物であった。その荘左衛門が少年のころ、新道の奧に大きな池かあり、大蛇(だいじゃ)が住んでいて近寄る人を捕えてのむので、恐れられていた。荘左衛門は自分か退治するといって、伝家の宝刀を腰にして、みんなの止めるのも聞かずひとりで山へのぼった。出かけるとき、「この川の水が赤くなったら、それは大蛇の血であるから、迎えに来てください。」といって、池へ向かった。やがて二時間ほどして、川の流れがまっかになったので、人々が大池へ行ってみると、大蛇の死がいのそばに少年が立っていた。
荘左衛門は長じて若狭農民の先頭に立って租税減免の訴願に立ち、苦節九年の後、ついにその願いはかなえられたが、その身ははりつけの刑ときまった。ところが酒井忠勝公は松木荘左衛門の義勇を惜しみ、助命の早馬を立てられたので、急使は東海道を西へ飛んだ。
天竜川のほとりまでさしかかったとき、空がにわかに曇って大風雨となり、馬は一歩も前へ進まず、このために数刻の違いで松木さまはついに刑場の露と消えたが、これはさきに退治した大蛇の恨みをここで返したものである。そこでこの池のほとりにほこらをたてて大蛇の霊を祭ったのが、今でも池の明神として残っている。         (若狭の伝説)

大蛇退治のとき、大蛇があばれたので、地面に大きなすりばちのような穴があいた。そこをじゃばみ(蛇喰)といい、今も残っている。
また次のようにもいう。殿様の使者は早馬でやって来たが、途中で大雨か降り、大井川がなかなか渡れなかった。そして使者が若狭へ着いたとき、荘左衛門は、はりつけ台で一やり突きさされたところであった。 (永江秀雄)
参照池の尻明神(前項)

城山   (新道)
新道の一の瀬に城山と呼ばれる山がある。むがしその上に沼田勘解由(がげゆ)の城があった。その北方の瓜生の膳部(ぜんぶ)山には松宮玄蕃頭(げんばのかみ)が城を構えていた。沼田と松宮が戦争したとき、沼田軍は城山の上で兵糧(ひょうろう)攻めにあった。城山へは少し離れた熊川の西山から谷水を引いていたが、じゅうぶんではなかった。このとき沼田氏は、城山の上で馬に米を流しかけさせた。松宮の軍勢が遠くから見ると、豊富な水で馬の足を洗っているように思われた。その後沼田氏は、敗れて近江へ逃げた。熊川の得法寺が現在ある場所は沼田氏の屋敷跡であるといわれ、今も大きな石塔のあるのは沼田氏のお墓であるという。 (永江秀雄)

五本松   (新道)
城山にはむかし沼田影有という武将が城を築いていた。その城内に五本松という大木があった。八キロの遠くからもはるかに望み見られた。従って戦争のときは、敵が攻め寄せる目標になった。城主の影有は、松の木の横から大水をあぴせかけたので、敵は「あのような高い所に滝かあるのか。」と思って攻めなかったという。後に豊臣秀吉の軍に攻め落されて、城はなくなった。五本松は新道の松尾文友という人が買った。数十年前文左のむすこの文三郎が出征した。すると今まで生き生きしていた五本松が、にわかに枯れてしまった。文左の家の人が、どうしたことかと心配しているところへ電報が来て、むすこの戦死を知らせた。今でも五本松の株が残っており、その下に松尾文三郎の墓がある。  (福井県の伝説)



新道の小字一覧


新道の小字名
湯船 北湯船 口湯船 坂ノ尻 寺谷 柿本平 堂谷 堂谷口 芦川 湿谷 湿谷口 長太郎谷 泉谷口 口余座 余座ヶ谷 袖身洗川 身洗川 芝峠 口芝峠 鋸谷 三番谷 大平 琴ヶ淵 流尾谷口 木戸口 一段畠 奥木戸口 風呂屋 仏谷口 壁ヶ谷 伊良谷 池ノ尻 蛇池 入道ヶ谷 膳部口 菰池 椎木ヶ谷 森 一ノ谷口 雹谷 井根口 仁田 下堂山 堂山 広畑 下広田 禰宜田 野上 躑躅谷 躑躅谷口 横道 金ヶ崎 金ヶ尻 横道尻 野下 前野 一ノ欠 橋詰 竹ノ下 西ノ野 出崎 御用谷口 新道 中川原 城ケ腰 一之瀬 一之瀬道ノ下 清水尻 志岩川原 下川原 猪之谷口 志岩 中畑 広谷 順礼谷 広田 桑原谷 吉治野 野田 深谷 岸ケ下 向野

関連情報





資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順


若狭・越前
    市町別
 
福井県大飯郡高浜町
福井県大飯郡おおい町
福井県小浜市
福井県三方上中郡若狭町
福井県三方郡美浜町
福井県敦賀市

丹後・丹波
 市町別
 
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市




【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『福井県の地名』(平凡社)
『遠敷郡誌』
『上中町郷土誌』
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2021 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved