丹後の地名プラス

丹波の

旧・下豊富村(しみとよとみ)
京都府福知山市室・市寺・正明寺・厚・岩井・荒河・奥野部・新庄・今安・半田・和久寺・大門・拝師


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


京都府福知山市室・市寺・正明寺・厚・岩井・荒河・奥野部・新庄・今安・半田・和久寺・大門・拝師

京都府天田郡福知山町室・市寺・正明寺・厚・岩井・荒河・奥野部・新庄・今安・半田・和久寺・大門・拝師

京都府天田郡下豊富村




 

旧・下豊富村の概要


《旧・下豊富村の概要》


下豊富村は、治22年~昭和11年の天田郡の自治体。室・市寺・正明寺・厚・岩井・荒河・奥野部・新庄・今安・半田・和久寺・大門・拝師の13か村が合併して成立し旧村名を継承した13大字を編成した。その後にさつきヶ丘、かしの木台、岩井新町、荒河ヒルズなどの自治会ができている。ずいぶん大きな村である。
下豊富案内図
荒河・厚のほかは洪水の害も比較的少ない。由良川本流の沿岸より4~5m高い、一般に肥沃で酒米に用いる豊富米を産する。
昭和4年荒河の一部を福知山町に編入。同11年福知山町の一部となり、村制時の13大字は同町の大字に継承された。


旧・下豊富村の主な歴史記録


『天田郡志資料』
下豊富村
厚材、荒河、岩井、奥野辺、新庄、半田、今安、拝師、宝、和久寺、大門、市寺、正明寺の旧十三村より成り面積一.一九四方里、郡内第一の大村とす。和久川、本村の北部を流れ荒河に至りて由良川に注ぐ、東方一面の外は南北に山高く、正明寺、市寺、室及今安の一部は南方なら高台に散在せり。郡内著名の米産地にして和久川の南岸一帯は肥沃の田地なり、尚蚕業亦発達せり。佐治街道は東福知山より西は上豊富に通じ、定期自動車の便あり、字新庄の倖治街道に治ひて役場、小学校、信用購買販売組合事務所等あれば自然に村の中心たり、尚今安小字天照には郷杜天照天命神社鎮座せらるゝを以て第一の中心ともいふべし。其他、荒河は山陰街道(宮津街道・峯山街道も共)に沿ひたれば人家立並び小売商店多し




関連情報






資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順

市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市






【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『丹波志』
『天田郡志資料』各巻
『福知山市史』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2015 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved