丹後の地名

与謝郡神戸郷(かんべごう)
京都府与謝郡


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。



京都府与謝郡

丹後国与謝郡神戸郷




神戸郷の概要


《神戸郷の概要》

与謝郡7郷の1。平安期の「和名抄」に神戸郷があるが、訓を欠く。比定地は推定するのも困難である。
「日本地理志科」は「大原・新井・菅野・本坂・野村・本荘上・本荘宇治・長延・蒲入・本荘浜・野室・津母・井室・泊・六万部」。
「大日本地名辞書」は「今上宮津村蓋是也」。
「与謝郡誌」は「カムベがカエと変化したものとして加悦町付近」を比定している。
私としては、名神大社大虫・小虫が当時鎮座した温江の大江山山腹「池ヶ成」付近以外にはなかろうと考えるが、しかし温江は謁叡郷であるので、両郷がどうした位置関係になるのか、また加悦谷のこのあたりにはさらに勾金駅の駅家郷もあったようであり、三者の位置はいよいよわからなくなる。





神戸郷の主な歴史記録


『大日本地名辞書』
【神戸郷】和名抄、与謝郡神戸郷。○今上宮津村蓋是也、宮津の南に接し、加佐郡の神戸郷と普甲峠を隔つ、大字に宮と云ふ名のこる。即神戸の・址なるべし。府志、細川藤孝、当国へ初入の時、宮村猪之岡八幡山に居住せり云々、これ一色義俊が弓木の砦を攻し前後の頃なるべし、天橋記に、天正五年(五年は六年の誤なるべし)長岡氏入国、八幡山に城取りありと雖、城楼を構へずと、此説是也。

『丹後宮津志』
上宮津を宮津郷とせず神戸郷とする説。吉田東伍と六人部是春
神戸という村あり、かんとうといふ。上宮津村字小田小字岩戸

『与謝郡誌』
神戸郷
 此の郷に就ては諸説紛々として一定せず。地名辞書には上宮津に比定し京都府誌には今の府中村の一部にあて、地理志料には亙二大原、新井、菅野、本阪、野村、本庄上、本庄宇治、長延、蒲入、本庄浜、野室、津母、井室、泊、六万部諸色一為二其故区一として朝妻以北本庄筒川一帯の地を充てたり、按ずるに丹後田数帳に郷となれる所は全部和名抄の郷なるが、和名抄の郷とある所にて田数帳になきものあり、中につき郷は変じて庄となれるもの往々あり、宮津の如き是れなり。而して其の庄の中にて大なるものは矢張り郷と呼ばれたる形跡あり、よりて和名抄と田敷帳の郷と庄とを対照して研究すれば、もとの郷を知る一助となすを得べし。仰も与謝郡にて庄となれる所は伊根、大石、石川、宮津、加悦等なるが伊根以下宮津までは前に述べしが如く其所在分明せるが、加悦庄のみは大庄なるにも拘らず郷名不詳なり、由て惟ふに加悦庄はもと音「カヱ」なりしならんか其「カヱ」は「カヘ」即ち神戸の転にはあらざるか、三重郷土志に『和名類聚抄に与謝郡神戸郷あるも今所在を知ろもの殆んごなし、蓋し「神戸」(カムベ)は軈て「カンヘ」となり更に「ヘ」が「ヱ」と呼ばれて「カヱ」となり、之れを漢字にて「加悦」と途方もなき文字を当てはめたる結果今日の所調「加悦」なる称呼を生じたるが如きは実に訛傳研究上興味ある問題といふべし云々』と為す、蓋し神戸郷は式の大牡に伴ひ市場また之れに附随するは自然の数にて、近く丹波郡周枳郷大宮売神社に新抄格勅符大同元年神封七戸を賜りしに基因する神戸郷は其の下流の地続にて、今河辺村と云ひ神幸ありし幸の宮また其の近辺に今市場(部落は頽れたれど)の名残れり。本郡謁叡郷に於ける式の大社大虫、小虫神杜の大鳥居が往年まで加悦町(加悦町大字後野小字地蔵堂)に在りしといひ、(明治二十年頃に踏石取除きたれど)御檀家帳には「かやの市場」なる地名あり、今の加悦町目抜の場所に中市の字名あるが若しそれ市場より発達したるものと見れば、隣接郡の実例に鑑みても所感を深くするものあり、加悦は「萱」にて往古萱茅叢々の原野なりしといふものあれど、金屋後野乃至算所三河内まで加悦奥流れの左右並に対岸の明石近傍に住民四五十戸の無かりしとは、物部郷謁叡郷の繁栄に較べても受けとれず、況んや三河内及び明石には前史住民の遺物たる銅鐸すら発見せられしに於ておや。殊に和名抄の本郡の郷の記載の順は宮津より橋立を渉りて日置を計へ、それより内海に沿ひて南の方へ一定の順に並べしものゝ如し。此の点に就きても加悦は尚ほさら神戸郷のやうに思はる。今の与謝村の川より西の諸部落加悦町各字及び三河内村に亙る地域なるべし。




関連情報






資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順

市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市





【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『加悦町誌』
『加悦町誌資料編』
『丹後資料叢書』各巻
その他たくさん


Link Free
Copyright © 2012 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved