丹後の地名

四所(ししょ)
(旧村名)
舞鶴市四所地区


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


京都府舞鶴市四所地区

京都府加佐郡四所村



 

旧・四所村の地誌

《旧・四所村の概要》


四所村は西舞鶴の西部。西舞鶴港の西に位置する地域である。明治22年〜昭和11年の加佐郡の自治体名で、上福井下福井喜多大君吉田青井白杉・新宮の8か村が合併して成立。大字は、旧村名を継承した8大字を編成するが、明治27年新宮は喜多・下福井に編入したため、7大字となった。上福井にKTRの「四所」駅があるが、そうした所にこの地名は残る。
四所村名の由来は、かつて当村域に福井・喜多・大君・吉田の4か村があったため(加佐郡誌)とも、大君・吉田・青井・白杉の海浜を四所ケ浦と称したため(維新以前民政制度沿革調)ともいう、が付会説と思われる。役場は喜多に設置した。昭和11年舞鶴町、同13年からは舞鶴市。

《人口》2751《世帯数》982


旧・四所村の主な歴史記録

《加佐郡誌》
 〈 四所村(福井校下)
(一)戸数 三三七戸
(二)住民 男 九九六名
      女 九六一名 計一九五七名
(三)生業の状況
   全村農が主業、養蚕は青井佼下に於て特に発達してゐる。
   要港及舞鶴に接近してゐるため、職工、会社員其他役所等に出勤する者が多い。
(四)主要物産
   米 九〇四石  麦 二一七石 其他繭、野菜類
(五)人情一般
   質朴でよく労働に努む。福井校下は青井校下に比し稍団結心に乏しい観がある。
(六)各種団体名
   四所村農曾 同産業組合 同蚕業組合 同在郷軍人分曾 同青年団 修養団四所村支部 上福井婦人曾 下福井婦人会 福井校下處女曾 同青年分団

四所村(青井校下)
(一)戸数 一七八戸
(二)住民 男 四五二名
       女 四九一名  計 九四三名
(三)生業の状況
   全村は農を以て主業とし、青井校下では養蚕業を主なる副業とし、其他林産物として薪炭、竹類の産額が多い。
   生繭額 三、八六○貫 三八、六○○円 薪炭額 五、六〇〇円 
   尚ほ耕地が校下では少いので、他町村の小作をするものが多い。
(四)主要物産
    繭  薪炭  竹村  草藻類
(五)人情一般
   質朴であって勤勉、よく労働に努め温順である。
(六)各種団体名
    青年団  處女会  婦人曾  一家曾  〉 




関連項目





資料編のトップへ
丹後の地名へ

資料編の索引

50音順

市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市




【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『舞鶴市史』各巻
『丹後資料叢書』各巻
その他たくさん





Link Free
Copyright © 2008 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved