丹後の地名

旧・高野村(たかの)
舞鶴市高野地区


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


京都府舞鶴市高野地区

京都府加佐郡高野村



2  

旧・高野村の地誌

《旧・高野村の概要》


高野村は西舞鶴の南部。高野川の上流域から中流域に位置する。KTR宮津線、東西に府道志高西舞鶴線(旧河守街道)が通る。高野の谷の全体を単位にした旧村。勘注系図に高野丸子山とあるように、高野の地名は古いものと思われる。
高野村は明治22年〜昭和11年の村名。野村寺高野由里城屋女布の4か村が合併して成立した。旧村名を継承した4大字を編成し、役場は野村寺に設置。
明治42年に高野尋常高等小学校が開校した。大正12年には国鉄峰山線のうち舞鶴〜由良間が開通した。
昭和11年舞鶴町、同13年からは舞鶴市の大字となる。


《人口》3164《世帯数》1062

《交通》
府道志高西舞鶴線
府道物部西舞鶴線


旧・高野村の主な歴史記録


《加佐郡誌》
 〈 高野村
(一) 戸数 三一一戸
(二) 住民 男 七九四名
       女 七四七名 計一五四一名
(三) 生業の状況
   農業 二七○戸 竹細工業 二○ 瓦製造業 三 炭焼業 一  養鶏業 一
   日用品業 一 酒取賣業 一  其他
    備考 竹細工、酒小売業は専業であるが、他は副業として農業をしてゐる。
(四) 主要物産

(五)人情一般
   言語は粗野であるが人情は一般に濃やかであって、実義あり、性勤勉にてよく働く。服装も極めて質素である。衛生に対する思想は未だ十分でない。
(六)各種団体名 
 帝国在郷軍人曾高野村分曾 高野村青年団 高野村處女曾 高野村婦人倉(各部落毎に独立す) 高野村戸主曾(女布、高野由里の部落にあり各独立す)  〉 




関連項目




【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『舞鶴市史』各巻
『丹後資料叢書』各巻
その他たくさん




資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順

市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市








Link Free
Copyright © 2008 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved