丹後の地名

常(つね)
舞鶴市常


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


京都府舞鶴市常

京都府加佐郡与保呂村常




 

常の地誌

《常の概要》


常は舞鶴市の南東部。与保呂川中流域。川上は木ノ下。慶長年間に与保呂村が上村と下村に分村し、さらに元禄9年(田辺藩土目録によると元禄7年)に下村が木ノ下村と常村に分村したという。幕末から明治初期にかけて常村が独立した。44
川下側に地内から独立した京月東町・京月町・常新町・亀岩町の新興住宅地がある。

福聚寺(舞鶴市常)

《人口》223《世帯数》70

《主な社寺など》
氏神は与保呂の日尾池姫神社
愛宕神社
臨済宗東福寺派大慈山福聚寺
『加佐郡誌』
大慈山福聚院、臨済宗、永正十年竺峯和尚開山、与保呂村


《交通》

《産業》


常の主な歴史記録

《丹後風土記残欠》
与保呂里 本字仕丁

与保呂と号くる所以は、古老伝えて曰く、往昔、豊宇気大神之神勅によりて、此地に神人仕丁等を置かせらる。故に与保呂と云う。


《注進丹後国諸荘郷保惣田数帳目録》

一 □□郷 百六拾七町七段内   *これは倉橋郷といわれる
  □□□一段七十五歩     領家 延永左京亮
  廿七町九段八十三歩      与保呂 小倉筑後守
  卅一町六段百二歩       地頭 小野寺


《丹後国加佐郡寺社町在旧起》
与保呂村は
三ケ村に分れり上与保呂村、常村、木下村と云う。池姫大明神は三ケ村の氏神、鍵取し上与保呂、木の下村両村にあり。報恩庵余部雲門寺末寺禅宗なり。福聚庵行永竜勝寺(一色氏の菩提寺)末寺禅宗なり、三ケ村の寺なり。

《丹後国加佐郡旧語集》
定免七ツ四分
常村 高三百九石四斗三合四勺
   内二拾四石七斗三升九合六勺 万定引
   四拾石御用捨高
 福聚庵 竜勝寺末
 荒神

《丹哥府志》
◎与保呂下村(与保呂上村の次、是より丹波へ出る)
【青林山福寿庵】(臨済宗)
《加佐郡誌》
常は後陽成天皇の慶長年間に下与保呂村と云ひ、字木ノ下をも含んでいた。東山天皇の元禄九年(将軍徳川綱吉)木ノ下は分離し、自らは単に常村と称する事となった。




常の小字

《舞鶴市史》より
常 亀岩 京月 常 川原田 椿谷 鳥ノ道 木ノ下 和田前 青路 寺垣 菅坂 竹尻 八坂 椿

関連項目

「与保呂の里」





資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順

市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市







【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『舞鶴市史』各巻
『丹後資料叢書』各巻
その他たくさん





Link Free
Copyright © 2007-2010 Kiichi Saito (kiichisaitoh@hotmail.com
All Rights Reserved