丹後の地名

常津(つねづ)
福知山市大江町常津


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


京都府福知山市大江町常津

京都府加佐郡大江町常津

京都府加佐郡河東村常津



 

常津の概要


《常津の概要》


由良川右岸の陣取山(259m)北西麓に位置する。
常津村は江戸期〜明治22年の村名。天正8年細川藤孝・忠興領、慶長6年宮津藩領、元和8年からは田辺藩領。享保18年田辺藩全藩の惣百姓一揆に参加している。
東方の陣取山は黒井城(跡地は現兵庫県氷上郡春日町)城主赤井悪右衛門が鬼ケ城に城塁を構えた折、この方面の見張所を置いた所と伝えている。「丹哥府志」に安田太郎城墟、旧語集に「古城 安田杢之進」とあるものとの関係は不明。
当村の塩見隆司家先祖覚書(塩見隆司家文書)に「寛永廿年末の正月廿四日に吉支丹事申入侯、同二月廿八日に川内国草下村にて埒あき申侯」という記録があり、隠れ切支丹の詮索が当地方にも及んでいたことが知られる。という。
常津は明治22年〜現在の大字名。はじめ河東村、昭和26年からは加佐郡大江町の大字、平成18年からは福知山市大江町の大字。

《常津の人口・世帯数》91・27

《主な社寺など》
室町後期、安田杢之進の居城と伝える山城
氏神は国一明神
檀那寺は南山の真言宗観音寺

《交通》

《産業》

常津の主な歴史記録


《丹後国加佐郡寺社町在旧起》
 〈 常津村
安田大公道城跡あり。国一明神氏神とし仰ぎ奉る。愛宕山柴の庵あり。  〉 

《丹後国加佐郡旧語集》
 〈 定免六ツ五分三厘
常津村 高百六拾七石七斗二升

    内拾七石三斗九升七合 万定引
    七石御用捨高
 古城 安田大公之進
 国一明神 氏神
 愛宕 柴庵  〉 

《丹哥府志》
 〈 ◎常津村
【国一大明神】
【安田太郎城墟】
 【付録】(愛宕社、山神社、庚申堂、地蔵堂、阿弥陀堂)  〉 




常津の小字


常津 見勢 千原上嶋 尾藤口 尾藤大橋 枇杷ケ迫 サイン 新嶋 下麻蒔 上麻蒔 家前 安田 安田奥 堤ノ谷 京路 田和 梅ノ木谷 山下 泓ケ谷 岩ケ迫 瀬ノ爪 渡場 大地蔵 野々竹 五ノ宮ノ谷 家前 出前 下嶋

関連項目






資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順

市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市








【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『大江町誌』各巻
『丹後資料叢書』各巻
その他たくさん





Link Free
Copyright © 2008 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved