丹後の地名プラス

丹波の

睦合(むつあい)
京都府綾部市睦合町引地・小田・真野・小山・念道・浅原


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


京都府綾部市睦合町引地・小田・真野・小山・念道・浅原

京都府何鹿郡中上林村睦合



睦合の概要




《睦合の概要》

由良川の支流上林川の中流域、その支流浅原川の合流地付近に位置する。上林川とほぼ並行して西岸の山すそを府道1号(小浜綾部線・若狭街道)が通じ、沿道に集落が立地する。
睦合村は、明治7~22年の何鹿郡の村。引地・小田・真野・小山・念道・浅原(あずら)の6か村が合併して成立した。明治22年中上林村の大字となる。
睦合は、明治22年~昭和30年の大字名。はじめ中上林村、昭和30年からは綾部市の大字。同年睦合町となる。
睦合町は、昭和30年~現在の綾部市の町名。


引地(ひきじ)
若狭街道沿いに位置する。真野・小田村とともに園部藩領の飛地であった。
引地村は、江戸期~明治7年の村。元和5年から園部藩領。明治4年園部県を経て京都府に所属。同7年小山・念道・浅原・真野・小田の各村と合併して睦合村となった。

真言宗悲喜慈山善福寺

善福寺 睦合字引地  真言宗高野派
本尊 十一面観世音菩薩
創足については不詳であるが、推古帝年中聖徳太子開創にかゝる君尾山本尊像と同じ香木む以つて彫刻されたる観音菩薩の尊像を本尊としてゐる。往時は本堂、四面経藏、鐘楼、三重塔、浴室、東西御堂の外卒塔婆寺六坊等を有してゐた。大永年中兵乱のため伽藍坊舎悉く兵火に罹り御朱印も廃れた。不思議にも大慈の尊像のみ災厄を免がれ山内に残った。後天文年中住侶聖存霊場の廃虚を愁ひ上林庄中を化縁し、本堂を建立して尊像を安治し丹波国弐拾九番 郡西国三十三番の結願所とした。
檀徒  三十戸
現住職 梅原義雲
(『中上林村誌』)

悲喜慈山善福寺 真言宗高野山末 小田村
本堂五間四面 郡三十三番札所 観音行基作
古へ七堂伽藍ノ地 寺領二百石ト云 堂ノ南ニ西ノ御堂ト云四間四面観音堂 郡三十二番ノ札所ト云
(『丹波志』)

この斜面の上にある。このあたりのお寺はみなこんな所にあるが、上林川断層の断層面上ではなかろうか。右横ずれで、向こう側が隆起する断層である。動いたという人間の記録はないが、活断層だから必ずそのうちに動く。最悪の場合はマグニチュード7.2以上。断層近くなら震度7。ワタシの住んでいる所でも震度6強。死者千名以上と推定されている。お寺が動きを封じ込んでいるのだろうか、おもわず拝んだ。



小田(おだ)
引地の一つ川下の村、上林川右岸の若狭街道沿いに位置する。真野・引地両村とともに園部藩領の飛地であった。
明治4年園部県を経て京都府に所属。明治7年小山・念道・浅原・真野・引地の各村と合併して睦合村となった。

臨済宗南禅寺派大永山宝蔵寺


宝蔵寺  睦合字前田  臨済宗南禅寺派
本尊  繹迦牟尼仏
太永山と号し、天文二十三年(室町時代後奈良帝)寿岳宗永の創建、当時伽藍は完備し愈々隆盛を極めた。嘉永二
年七月小田村大火災に罹り堂宇全焼、仝五年無相梵法再建す。
開創以来四百九年を経累世二十代今日に到る。小山、浅原、真野、小田、引地、西屋、神谷寺町にわたり百七十余
戸の檀徒を有し寺門隆昌を極めたが、明治二十一年引地全戸は善福寺檀徒となった。
昭和二十八年三月 現住職哲堂和尚は南禅管長を請じて開山遠諱を奉修、授戒会を併修し盛儀であった。
又真野龍谷菴(元禄十五年記録)、西屋薬師堂(寛文十二年記録)、浅原高月菴(寛政二年記録)など当寺の境外仏堂となってゐた様である。
聖観音像(立像八寸)
 銘目 南無大悲観世音菩薩光明皇帝之御自作香灰仏也丹州亀山之家臣羽城家数代持伝
 改而被奇進于時天保五年
  施主 源氏苗裔 羽城九郎右衛門
本光国師真筆 横軸
 檀徒数 一三一戸
 現住職 荘厳哲堂
(『中上林村誌』)

大永山宝蔵寺 臨済宗南禅寺末 小田村
 本尊 釈伽文殊
(『丹波志』)


真野(まの)

小山の一つ川下の村、集落は若狭街道沿いと北の段丘上に位置する。上林川と浅原川の合流付近の段丘上に位置し、東は上林川を越えて浅原(あずら)村に通ずる。写真は上林川にかかる真野橋より真野集落を望む。浅原川はこのすぐ下手(左手)で合流する。
中世は上林庄の地。天正8年(1580)の並河貞□譲状(福井家文書)に「まの」と見えるのが初見。江戸時代は園部藩領。当地の福井家は何鹿郡内の園部藩飛地9ヵ村(1384石)の大庄屋を世襲し、近世を中心とする地方文書が多数保存されている。
明治4年園部県を経て京都府に所属。明治7年当村は引地・小田・浅原・小山・念道の各村と合併し睦合村となった。

真野とは、
このマはマンのことかも。真野長者伝説が各地に残されている、真野長者は真の長者、万の長者、あるいは満濃(満能)長者とか呼ばれる。対岸の葛礼本神社の祭神が金山彦だから、当地にあたりにもマン、ここでは溶鉱炉の意味だが、そうしたものが盛んでそれで富を築いた長者がいたかも知れない。あるいは地形が女性のマンを想像させるような所で(見回してもそのようには見えないが)、葛礼本神社の石棒とセットになる地名かも知れない(時間差がありすぎるが)。
あるいは真野氏の居住地か。真野氏は和爾氏で、近江国志賀郡真野村(真野郷。現在の大津市真野町付近)に居住していたからこの名があるという。小野小町の小野氏とも同族とされる。
和爾氏はトーテムのワニ(サメ)のことだから海人系の人であろう。元は若狭だとする説もある。若狭弁と大津あたりの発音はよく似ているが、『古代海部氏の系図』は、
和爾氏の始祖天足彦国押人命は、“物部氏“でもある。海部の伝えでは和爾氏の別称を物部氏と称し、大和国の石上神宮に奉仕している。また和爾氏は海部氏の別称でもあり、若狭国の若狭彦神社の付近に“ワニカイト“(和爾氏の集落)という地名か今にのこり、ここか古くからの瑪瑙の製作地で和爾氏のいたところといわれる。(さきの若狭彦神社宮司の高木好次氏より)かくて石上神宮は初め和爾氏が奉仕していたのである。


対馬の先端に鰐浦というところがある。和爾下神社や和爾坂、大和の後の春日氏・粟田氏・小野氏などであるが、綏靖、孝霊、開化、応神、反正、雄略、仁賢、武烈、安閑、欽明、敏達の各天皇の后妃に和爾氏系出身の女性がなっていて、葛城氏などよりも多い、名もスゴイがしかし政治的にはオトナシイ氏族である、よほどなければ騒いだりはしない、今の日本人の大部分と同じである。実際底辺で日本を支えている人々だから、ここが政治的にもシッカリしないと、上は楽でアホばかり、官僚の分際で、屁こいていいですか、ばかりの情けない国になる。
若狭姫・若狭彦を祀り、小浜市遠敷の辺りに発した氏族であろうか。若狭姫は山幸彦の豊玉姫としているので、若狭彦というのは、本当は浦嶋太郎さんであろうか。


念道小山(ねんどこやま)
上林川中流域の真野の一つ川下の集落。小山の川下が念道。右岸の山麓を東西に若狭街道が通り、集落は街道沿いに立地する。

中世は上林庄の地、文明2年(1470)の川北奥太夫覚状(川北家文書)に「念道村」がみえ、天文年間の勧進奉加帳(光明寺文書)に「念道村」「小山村」が記されている。
元禄13年(1700)の知行所村高付帳では「念道小山村」の一村名で表記されるが、実際は2ヵ村に分れていた。同高付帳によれば念道は旗本城下藤懸氏領、小山は旗本小山藤懸氏領。天保郷帳は念道村・小山村2ヵ村別々で高付している。
小山村は、江戸期~明治7年の村。念道村は、もと小山村の分村。
小山藤懸氏領は、元禄2年に藤懸永俊が4男永久に500石をさいて分家させたもので、小山村に陣屋を設けた。領域は小山村と川原(かわら)・浅原・佃・井根の5ヵ村にわたる。小山陣屋は若狭街道の北の段丘上にあった。
明治元年久美浜県、同4年豊岡県を経て京都府に所属。同7年引地・小田・浅原・真野の各村と合併し睦合村となった。

臨済宗丹霄山清林寺

清林寺 睦合字念道  臨済宗南禅寺派
本尊  澤迦牟尼仏
 丹霄山と号し、慶長年間の創建であって、開山芳林瑞徳は臨済禅師二十六世の法孫である。法を南禅寺英岳景法に
嗣ぎ、塔中正因寺に住したが上林庄に特請せられて、大町村芳林寺を開創し又当寺を開創す。
貞享年間藤懸永勝の末孫、永久が小山を領してよりその菩提寺として厚い信仰を得た。
檀徒数  壱百戸(口上林忠を含む)
現住職  牟田陽道
(『中上林村誌』)

清林庵 臨済宗南禅寺末    念道村
(『丹波志』 )


浅原(あずら)
上林川支流・浅原川の流域。南は堀尾(ほりお)嶺を越えて船井郡和知町の養立(よだち)に通ずる。
中世は上林庄の地。村名は文明2年(1470)の川北奥太夫覚状にみえるのが初見。「浅原村山立目覚」とあり、当村以下石橋・馬場・弓削・西屋・念道など6か村の入会について定めている。
近世には村高を分け、奥浅原は旗本小山藤懸氏領。口浅原は旗本城下藤懸氏領。奥浅原の川北家に古文書がある。
浅原村は、江戸期~明治7年の村名。明治元年久美浜県、同4年豊岡県を経て京都府に所属。同7年小山・念道・真野・小田・引地の各村と合併して睦合村となった。
アズというのは崖崩れしているような所のこと、あるいはその崖。絶壁と書いてアズと読んでいる、どこか学校の校歌があったが、そうした意味である。ラは場所のことである。靴下がズルとかいう意味か、ズっている所。
このあたりではそうした所はだいたいは、ズエと言うようなのだが、「ズエはありませんでしたか」とか台風見舞いか何か、えらいベッピンのお姉さんに問われたことがあった、何と想定外の言葉、まさかこんな佳人の口から出るとは。標準語を使う方が似合いますのでは。

葛礼本(くずれもと)神社


葛礼本神社 中上林村字睦合小字中風呂に鎮座。村社にして金山彦命を祭神とす。現在氏子一九四戸、浅原、引地、小田、真野の全部と念道の一部之に属す。例祭は九月十八日。
 氏神久寿礼本大明神(他領浅原村にあり)境内に小社三座御座候。愛宕山大権現、八幡大明神。(園部藩記録)
(『何鹿郡誌』)

葛礼本神社
一、所在地 字陸合中風呂一番地
一、祭神  金山彦命
一、創立  弘治二年(一五五六)斧始め翌年五月竣工その結構成る。
一、祭礼  十月十八日
      古来例祭は陰暦八月十八日であったが、明治三十七年から陽暦十月十八日に改められ、伝えるところに依れば十八日は鎮座奉祀の日であると謂ふ。七月十八日に夏期祭礼を行う極めて簡素な祭礼であって特に記すことはない。
一、境内小社 清涼神社(澳津彦命)
       広田神社(久那斗神)
       八坂神社(大山祇神)
       大川神社(澳津姫命)
       浅間神社(木花開耶姫命)
一、由緒 享保年中に大洪水に山崩れがあり、そのために社殿は破却したので天文二年(一七三七)斧入始め、仝年暮再建成就す。崇敬者多く六ケ村(引地、小川、真野、浅原、小山、念道)の氏神として今日に到ってゐる。
 明治初年守護職社掌 吉林森(八津合八幡宮社掌)
  昭和二十七年法律によって宗教法人となる。
 栄鉾祠、生殖器神時代の造物と称して高さ三尺余径三寸、十数年以前迄は風雨にさらされてゐたが祠に祭った。
氏子の間では産の神と称し(うぶのかみ)出生後一ケ月の宮詣でには必ず責綿を供える風習があり今も尚つゞいてゐる。
(『中上林村誌』)

葛礼本大明神   浅原村産神
祭ル神     祭礼 六月十八日 九月八日
舞堂 一二ノ鳥居 宮守高月庵 森凡五十間四方 浅原 引地 小田 真野 小山 念道半分 六ケ立合惣社 宮本浅原也
(『丹波志』)

祭神は金山彦で、祭日9月18日ということなら、鉱山神、片目の鍜冶神。

神額に「天一葛礼本大明神」とある。諸記録も大事な所を見落としているよう。
「天一」は、天目一箇神のことで、目が一つの鍜冶神を祀る社である。その祭日は9月18日であり、当社祭神を金山彦でよいのではなかろうか。
天一は天津麻羅とも呼ばれ、そのマラまである。
栄鉾祠。本殿の左前にある。扉を開くと石棒の頭(と呼ぶのか)が見える。五千年前の物という超貴重な文化財(指定されていないよう、五千年も前の人造物などはほかに石器くらいか、こちらは精神的宗教的呪術的遺物で、これを指定から外すなどは、卑猥物としか見えない卑しいくせに思い上がり自分は天から降ってきた尊い者かのように思い込んでいる現代人の愚かな偏見に基づく大変な見落としではなかろうか)。少し川下の十倉から石刀が数本出土しているが、この石棒から分化したものと言われ、これよりは時代が下る遺物である。この辺りには縄文中期から晩期にかけて縄文人が住んでいたという証拠であろう。




*由良川 考古学散歩57*
*子安の神*
 綾部市中上林地区の府道を車で走っていると葛礼本(くずれもと)神社子安神の看板を目にする。その神社へ立ち寄ってみると祠(ほこら)の中に子安神が祭られている。
 子安さまは、神道では子安明神、仏教では子安地蔵や子安観音というお姿で表わされることが多く、一般に「子安さま」と呼ばれている。子安さまの守備範囲は、子授けや安産を祈るばかりでなく、乳の出から子育てまで含めてかなり広い。その性格からご婦人方の信仰を多くあつめている。葛礼本神社の子安神のお姿を見て驚いた。それはまさに、今から五千年程前の縄文時代中期という時代に作られた石棒(せきぼう)という石器そのものなのである。『中上林村誌』によると「以前は風雨にさらされていたものを祠に祭った」とあるから、何かの加減で出土したものを子安神として祭ったものと思われる。上林地域は由良川考古学散歩の二回目でも紹介したように、不思議な形をした縄文時代の石器が多いところでもある。
 縄文時代の石棒とはどんなものなのか。一般には一端もしくは両端がふくらんだ棒状の石製品をいう。縄文時代中期の石棒は大型で、二㍍を超すものもある。しだいに小型化して片手で持てるようになっていく。中期の大型石棒は住居の中や広場の真ん中に立てられたりしていることや、石棒自体が男性性器を連想させるものであることから、呪術的・信仰的な用途をもつ遺物だと考えられている。
 この大型石棒が近畿地方で出土することはあまりなく、数点しか知られていない。最近になって兵庫県北部で石棒を作っていた遺跡が見つかった。そこの石棒の特徴はふくらんだ部分が二段になっていることにある。中上林の石棒も同じ特徴をもっており、関連があると考えられる。
 五千年の時を超え、今なお多くの人々の信仰を集めているこの石棒、どれだけ多くの願いをかなえてきたのだろう。 (三)
(『舞鶴市民新聞』(99.2.22))


《睦合の人口・世帯数》 340・154


《交通》


《産業》


《姓氏・人物》


睦合の主な歴史記録




睦合の伝説





睦合の小字一覧


睦合町
念道 念道ノ下 上桝ケ原 下桝ケ原 古川 柿ケ坪 針木田 町田 才ケ坪 小杉 天王 口大谷 コケラ 唐桑 西ノ岡 中島 大谷 殿谷 蓬谷 在中 在ノ上 小山ノ下 肘野 奥ノ谷 天王 鎌谷 落山 イヤガ谷 新林 高畑 大谷 向山 中風呂 勢名 平林 中畑 段 三田 中奥地田 大畑 歩瀬谷 堀尾 足田 菖蒲谷 岩ノ元 段ケ池 銭畑 五札 通谷 南通谷 奥通谷 浅大谷 通谷 堀尾 本谷 夕舩 通谷北側 滝ノ上 本谷堀尾 真野 井ノ谷 前田 田中 前川原 イカ入 福井 馬林 分水 老ケ 井谷 下高岸 下田 児塚 上三和 中三和 下三和 西三和 三ツ口 丸山 引廻 前ケ谷 小田 小田前 小田谷 奈良木 穴谷 上ノ段 西谷 上井谷 真野谷 上引地 下引地 大門段 前伊豆 向伊豆 伊豆谷 下伊豆 岩谷 皆中 ロ河原谷 奥河原谷 引地谷 芋谷 大迫

関連情報





資料編のトップへ
丹後の地名へ



資料編の索引

50音順

市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市









【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『何鹿郡誌』
『綾部市史』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2018 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved