丹後の地名プラス

丹波の

忠(ただ)
京都府綾部市忠町


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


京都府綾部市忠町

京都府何鹿郡口上林村忠



忠の概要




《忠の概要》
上林川がここへきて中山にぶつかり南に(左岸側へ)大きく湾曲して西流する。その両岸の山すそに集落が立地するが、洪水に悩まされてきたという。多田とも書かかれる、鎮守は河牟奈備神社で、その鳥居下の参道を入る。


多田と、南北朝期から見える地名。丹波国何鹿郡上林荘のうち。谷忠番ともいう。至徳元年11月3日の大政官牒および同月日の官宣旨に「上林庄下村内多田・佃・天田・宗我部国衙」とあるのが初見(鹿王院文書)。下って「伺事記録」天文8年5月27日条には「一、相国寺領丹波国何鹿郡上林内谷忠番事」とあり、寺家代官に仁木右馬頭を補任することを相談している。
忠村は、江戸期~明治7年の村名。何鹿郡上林郷のうち。はじめ旗本城下藤懸氏知行地、元禄2年から旗本小山藤懸氏知行地。明治元年久美浜県、同4年豊岡県を経て京都府に所属。同7年佃・武吉両村と合併し建田村となった。
忠町は、昭和28年~現在の綾部市の町名。もとは綾部市建田の一部。旧忠村の地域。

タダというのだからタタラの地と思われるが、そのような記録も遺跡もない。

旧・建田(たつた)村
村名は合併各村の頭音を合成したもので、建田村は、明治7~22年の何鹿郡の村。忠・佃・武吉の3か村が合併して成立した。
建田は、明治22年~昭和28年の大字名。はじめ口上林村、昭和25年からは綾部市の大字。同28年綾部市忠町・佃町・武吉町となった。


《忠の人口・世帯数》 92・35


《忠の主な社寺など》

鎮守は河牟奈備神社。
武吉町・佃町とともに金刀比羅講を行っている。


村の北端の折(おり)山には山城跡があるが、城主の伝承はない。


《交通》


《産業》


《姓氏・人物》


忠の主な歴史記録




忠の伝説







忠の小字一覧


忠町
吠岩 井関 中川原 大田 折山 上忠 坊ノ口 滝ノh口 樋ノ口 ヤタ口 縄ノ内 弁才 段ノ下 段 小白井 坊ノ奥 丁田 堂分 ス□ 大栗 フノリ 見内 森ノ向 森北谷 姿ズエ 堂ノ下 青柳 ビロク谷 源田 平林 ス□ □ノ奥 坊ノ奥 雨乞 段 滝ノ森 深山

関連情報





資料編のトップへ
丹後の地名へ



資料編の索引

50音順

市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市






【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『何鹿郡誌』
『綾部市史』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2018 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved