丹後の地名プラス

丹波の

広瀬(ひろせ)
京都府船井郡京丹波町広瀬


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


京都府船井郡京丹波町広瀬

京都府船井郡和知町広瀬

京都府船井郡下和知村広瀬



広瀬の概要




《広瀬の概要》
舞鶴あたりの人にはなつかしい所ではなかろうか。「あー、ここ走ったなぁー」などと思い出されることかと思う。通称「犬もどり」と呼ばれるところで、犬も引き返したという難所、道路は昔の国道27号線で、上流側から下流側を向いて写している。由良川との高さの差が小さく、けっこう長く低い、川が増水すれば、川は道路の上も流れて、よく通行止めになった。「犬戻りが通行止めで京都ヘ行けん」などと言っていたことを思い出す。
今はこの部分にはバイパスが出来ているし、高速もあるので、もうここはめったに走ることはなくなっている。今は府道59号となっている。

集落は、この右手の山の中、河岸段丘の谷にあり、道路からはほとんどが見えない。
広瀬村は、室町期~戦国期に見える村。「北野社家日記」文明7年5月2日条、延徳3年9月8日条、明応2年8月9日条などに見え、室町末期には北野社が知行していた。
文明8年9月には松月庵桂厚が、寛正5年12月に買得した「丹波国船井郡広瀬村為久名田九段卅代」を売主一宮備後守が違乱したとして訴えており(親元日記3)、明応6年8月には北野社僧盛輪院が「丹波国広瀬久富(留)名内年貢米弐拾石」について中沢又次郎を訴えている(蟻川家古文書14・後鑑4)。
戦国期には久我家の知行するところとなったらしく、「久我家文書」中に、天正15・16・17年分の広瀬村年貢算用状が残されている。そ
その後文禄4年10月2日付の豊臣秀吉朱印状に「丹波国船井郡湖摩畑村、為替地同郡広瀬村内拾六石」と見え、久我家は当村16石の替地として湖摩畑村を宛行われている(同前328-6)という。
近世の広瀬村は、江戸期~明治22年の村。元和5年から園部藩領。明治4年園部県を経て京都府に所属。同22年下和知村の大字となる。
広瀬は、明治22年~現在の大字名。はじめ下和知村、昭和30年からは和知町の大字、平成17年からは京丹波町の大字。


《広瀬の人口・世帯数》 43・93

成瀬神社

『和知町誌』
成瀬神社(広瀬)
『寺社類集』には、
  産神 成世大明神 三尺四寸四面
   勧請年歴知レズ
   右境内 三十間ニ六十間
と誌されている。
この社は、平安時代中期の陰陽師安倍晴明(九二一~一〇〇五)が、永詐二年(九九〇)、山陰遊行のとき、広瀬邑へ立ち寄り、里人の要請によって紀州熊野大権現を日向山(今の権現山)に勧請し、神号を日向大権現と名づけたという(「日向大権現記」および「例祭記」)。また一説には、至徳二年(一三八九)、日向大権現が、広瀬村樋ヶ谷に近い成瀬の地に遷座したともいう(成瀬神社記念碑)。いずれも伝承の域を脱しない。いずれにしても中世以降、村人の崇敬を集めていた神社である。
また『神社誌』 には、祭神は彦火々出見尊と記している。
現在の本殿は一間社流造り、柿葺きである。


曹洞宗養久山福昌寺

『和知町誌』
養久山福昌寺(曹洞宗) 字広瀬小字森ケ迫一〇
寺伝によると、文禄二年(一五九三)、桂岩宗鉄によって、広瀬村樋ケ谷川をさかのぼって、左側現在墓地園のある台地に、福昌寺が創建された。やがて寛永年間(一六二四~四三)に龍穏寺八世鉄船舜良を招じて開山とし、広瀬・角両村民の菩提寺となった。近代になって、明治十五年(一八八二)に火災に遭い、伽藍のすべてを焼失した。以後の再建の経緯は第二巻(近代)に述べる(同書四二八ページ参照)。



《交通》


《産業》


《姓氏・人物》


広瀬の主な歴史記録



広瀬の伝説






広瀬の小字一覧


広瀬(ひろせ)  大迫(おおさこ) 休場(やすんば) 下タ休場(したやすんば) 下モ岡(しもおか) 道間(どうげん) 釜迫(かまさこ) 谷口(たにぐち) 樋ノ谷(ひのたに) 岩谷(いわたに) 老岡(おいおか) 大草(おおくさ) 川端(かわばた) 上岡(うえおか) 田和(たわ) 樋ケ谷下(ひがたにしも) 上樋ケ谷(かみひがたに) 日向(ひなた) 下モ人谷(しもひとだに) 道ノ上(みちのうえ)

関連情報





資料編のトップへ
丹後の地名へ



資料編の索引

50音順

市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市






【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『船井郡誌』
『和知町誌』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2018 Kiichi Saito (kiichisaitoh@hotmail.com
All Rights Reserved