丹後の地名プラス

丹波の

院内(いんない)
京都府船井郡京丹波町院内


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


京都府船井郡京丹波町院内

京都府船井郡丹波町院内

京都府船井郡須知町院内




院内の概要




旧山陰街道(京街道)に沿い曾根村の西に位置する。地内を高屋川支流曽根川・曽谷川が北流し、東西に走る府道444号(桧山丹波線)と交差している。
院内は、曽根を冠称して印内とも書く(元禄郷帳・天保郷帳)曽根村の内部に生じた集落であったものか。広いところでだいたい平らで地割りが真四角の農地、開拓村の様子、山手は緩傾斜地。昔はこのあたりは深い原野であったものか深志(ふかし)野の呼んでいたという。奈良時代の院内窯跡があってずいぶんと古い土地のようである。
院内村は、江戸期~明治22年の村。丹波国船井郡のうち。旗本前田氏・旗本柴田氏の相給知行地。明治元年久美浜県、同4年豊岡県を経て京都府に所属。同22年須知村の大字となる。
院内は、明治22年~現在の大字名。はじめ須知村、明治34年須知町、昭和30年からは丹波町の大字、平成17年からは京丹波町の大字。

《院内の人口・世帯数》 67・28

《院内の主な社寺など》
院内窯跡
西南にある池の土手に、奈良時代後期の須恵器窯跡(院内窯跡)がある。
『丹波町誌』
本町には、院内窯跡・天が柵窯跡がありて須恵器が出土しいずれも奈良時代のものと推定されている。これら窯跡は土地造成などにより破壊されて現存していない。

熊野神社

当社の前を東西に通る道、まっすぐのようなクネクネのような道だが、これが旧山陰街道と思われる。今は町道か。右ヘ行くと役場の前に出る。一直線にまっすぐの道は今の道であって、旧街道であるわけはない。
『丹波町誌』
熊野神社
一、所在地 院内小字北側
二、祭 神 伊邪那美命
三、例 祭 七月一五日
四、由緒、その他
 社名に見られるように紀伊国の熊野三山信仰の中で、丹波守護細川政元が、中世の頃山陰道ので要所としてこの地を選び、勧請したものと推測される。安永八年(一七七九)神楽殿建立、文政一二年(一八二九)八月本殿改修、当時の改修費は四四名の寄進により、最高銀七匁五分、最低一二分と記録されている。昭和二三年台風で拝殿倒壊。
 氏子、院内 一六戸





《交通》


《産業》


《姓氏・人物》


院内の主な歴史記録




院内の伝説


『丹波町誌』
伝説 おやま(女郎衆)の首
 院内小字次郎五郎に「おやまの首」という塚があった。けやきの大木が枝をはり、深い掘抜き井戸があった。
なぜそう呼ばれてきたかはっきりしないが、一説には「京の女郎が逃げてきて、追手に捕えられ、首をはねられて埋められた」とも、「女郎奉公の苦しみに耐えかねた女郎が、けやきの木で首をつった」ともいわれてきた。戦後の開拓によって跡かたもなくなっている。






院内の小字一覧


院内(いんない)
谷山 鍋山 向ヒ野 市庭 南側 次郎五郎 質野 後野口 北側 岩鼻 京長 粟谷 谷山 道土

関連情報





資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順

市町村別 
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市







【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『船井郡誌』
『丹波町誌』
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2019 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved