丹後の地名プラス

丹波の

小野(この)
京都府船井郡京丹波町小野


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


京都府船井郡京丹波町小野

京都府船井郡瑞穂町小野

京都府船井郡瑞穂村小野




小野の概要




《小野の概要》
町の南端、国道173号板坂峠の方へいかないで、東側の安井や塩田谷へ出る道を少しはいったところ。山地で土師川の支流井尻川の源流域、北は八田、東は丹波町、西と南は兵庫県丹波篠山市に接する。
小野村は、江戸期~明治22年の村。旗本川勝氏知行地。明治元年久美浜県、同4年豊岡県を経て京都府に所属。同22年檜山村の大字となる。
小野は、明治22年~現在の大字名。はじめ檜山村、昭和26年瑞穂村、同30年からは瑞穂町の大字、平成17年からは京丹波町の大字。


《小野の人口・世帯数》 26・11


《小野の主な社寺など》

熊野神社


熊野神社は寛永21年(1644)当村の竹内氏の寄付によって社殿を創建したと伝える。

曹洞宗常願寺

熊野神社の奥のこの建物がたぶん常願寺と思われるが、何も書かれていない、公民館かも知れない。寺歴も洞光寺末としかわからない。




《交通》


《産業》


《姓氏・人物》


小野の主な歴史記録




小野の伝説








小野の小字一覧


小野(この)
愛宕(あたご) 雨石(あまいし) 市谷(いちたに) 上ノ奥(かみのおく) 川向(かわむかい) 柏ノ木(かやのき) 黒谷(くろだに) 中上(なかがみ) 中筋(なかすじ) 長通(ながとほり) ノト 南谷(みなみたに) 宮ノ前(みやのまえ) 森ノ上(もりのかみ) 脇谷(わきだに) 

関連情報





資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順

市町村別 
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市







【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『船井郡誌』
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2019 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved