丹後の地名プラス

丹波の

荒倉(あらくら)
京都府南丹市美山町荒倉


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


京都府南丹市美山町荒倉

京都府北桑田郡美山町荒倉

京都府北桑田郡平屋村荒倉




荒倉の概要




《荒倉の概要》
府道38号(京都広河原美山線、小浜街道)沿いに、安掛の次の集落、白尾山(748m)とホサビ山(750m)の間の狭い峡谷状になったの場所を由良川が流れる。
古代は弓削郷、中世は野々村庄。
荒倉村は、江戸期~明治22年の村。平屋10ヵ村の1。慶長7年(1602)幕府領、元和5年(1619)より園部藩領となる。
明治4年園部県を経て京都府桑田郡、同12年北桑田郡に所属。同年山腹に道ができ、人馬の通行可能となる。同22年平屋村の大字となる。
荒倉は、明治22年~現在の大字名。はじめ平屋村、昭和30年からは美山町の大字、平成18年からは南丹市の大字。


《荒倉の人口・世帯数》 32・16


《荒倉の主な社寺など》

岩吹の絶景
当村と安掛の間、府道のかたわらに岩吹の絶景の名所がある。

牛塚
村内の平地に南北8メートル、東西1・5メートルの牛塚があり、古代に牛馬の供養をした塚と伝える。大正年間に地内の牛塚を発掘したところ、朱で封じられた跡が発見された(丹波志)という。

宮脇の道相神社の氏子

真宗大谷派覚了寺


府道から谷沿いに狭い道を入った所にある。明治14年に大内の光瑞寺より分派したという。
『北桑田郡誌』に、
「覺了寺 荒倉にあり。明治十四年光瑞寺より分派して獨立せるものなり。以上六ヶ寺悉く眞宗大谷派の末寺にして。本村は實に眞宗の獨壇場といふべし。」とある。


《交通》


《産業》


《姓氏・人物》


荒倉の主な歴史記録


『西丹波秘境の旅』に、両墓制の名残でなかろうか、という墓地を見たの記事がある。

荒倉の伝説






荒倉の小字一覧


荒倉(アラクラ)
下野(シモノ) 中野(ナカノ) 小山(コヤマ) 小段(コダン)  荒倉台(アラクラダイ) 嶋台(シマダイ) 大迫(オオサコ) 河原(カワラ)

関連情報





資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順

市町村別 
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市








【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『北桑田郡誌』
『美山町誌』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2019 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved