丹後の地名プラス

丹波の

肱谷(ひじたに)
京都府南丹市美山町肱谷


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


京都府南丹市美山町肱谷

京都府北桑田郡美山町肱谷

京都府北桑田郡大野村肱谷



肱谷の概要




《肱谷の概要》
大野ダム堰堤より約4㎞上流あたり、府道12号からだと「肱谷橋」を渡ってダム湖を越えて渡ったところ。府道50号(日吉美山線)が走り、ずっと行けば郡境の鏡峠を経て日吉町へ通じるというが、行けるのかどうかはわからない。
古代は「和名抄」に記す弓削郷に属し、中世は野々村庄の地。
肱谷村は、江戸期~明治22年の村。大野10ヵ村の1。篠山藩領。明治4年篠山県、豊岡県を経て京都府桑田郡、同12年北桑田郡に所属。同22年大野村の大字となる。
肱谷は、明治22年~現在の大字名。はじめ大野村、昭和30年からは美山町の大字、平成18年からは南丹市の大字。


《肱谷の人口・世帯数》 58・21


《肱谷の主な社寺など》

八幡神社

八幡神社、右手は山の神。
『北桑田郡誌』に、「八幡神社 肱谷にあり、応神天皇をまつる。後西院天皇の寛文十二年に創建せられたりといふ。」とある。

寺院はなく、小淵村の真言宗御室派宝泉寺の檀家である。

《交通》


《産業》


《姓氏・人物》


肱谷の主な歴史記録




肱谷の伝説







肱谷の小字一覧


肱谷(ヒジタニ)
下野(シモノ) 西谷(ニシタニ) ヲク谷(ヲくタニ) 東谷(ヒガシタニ) 下谷(シモタニ) 上野(ウエノ) 味噌淵(ミソブチ) 穴ケ谷(アナガタニ)

関連情報





資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順

市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市






【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『北桑田郡誌』
『美山町誌』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2018 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved