丹後の地名プラス

丹波の

板橋(いたはし)
京都府南丹市美山町板橋


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


京都府南丹市美山町板橋

京都府北桑田郡美山町板橋

京都府北桑田郡宮島村板橋




板橋の概要




《板橋の概要》
府道19号(園部平屋線)沿いの宮脇の一つ奥の由良川支流原川に沿って開ける。川といってももう谷川で、集落南側の尾根は分水嶺、山の向う側に降った雨は太平洋に流れる、府道の神楽坂トンネル、あるいは行けるのか知らないが海老坂を越えると、太平洋側ということになる。
地名の由来は、地内の川に江戸幕府によって造営された板橋(天下橋・郡境橋)が架かかることによるという(丹波誌)。往古、神楽坂・海老坂などの険路を開いたという木梨軽皇子は、当地の河畔風景に感銘し、「これぞ我が住むべき里なる」と喜んだという(北桑田郡誌)。古代は弓削郷、中世は野々村庄。
板橋村は、江戸期~明治22年の村。宮島11ヵ村の1。慶長7年(1602)幕府領、元和5年(1619)より園部藩領。江戸期は幕府によって原川に長さ5間の天下橋と称する板橋が架けられ、24年ごとに共有林の材をもって桁を取り替えている。また12年ごとに修繕費として幕府から米20石が下付された。古くは橋の上に船井・桑田の郡境が設けられたことから別名郡界橋ともいう(丹波誌)。
明治4年園部県を経て京都府桑田郡、同12年北桑田郡に所属。同9年原村・宮脇村と合同し済美校分校を設置(同25年文葆尋常小学校と改称)。同22年宮島村の大字となる。
板橋は、明治22年~現在の大字名。はじめ宮島村、昭和30年からは美山町の大字。平成18年からは南丹市の大字。


《板橋の人口・世帯数》 42・108


《板橋の主な社寺など》

村域内に神社はなく、宮脇の道相神社の氏子。

高野山真言宗宝城院末遍照寺


大治3年(1128)智円の開基と伝え、現存の堂宇は明和5年(1768)3月の再建という。本尊観音菩薩像、室町期の作と伝える愛染明王の軸物が現存する。同寺には学制以前まで寺子屋が置かれていたそうである。
『北桑田郡誌』は、「遍照寺 板橋にあり、真言宗高野山寳城院の末寺なり。崇徳天皇の大治三年に智圓法印の創立せる所と傳ふ。現存の堂宇は明和五年三月の再建にかヽる。」とする。


《交通》


《産業》


《姓氏・人物》


板橋の主な歴史記録




板橋の伝説





板橋の小字一覧


板橋(いたはし)
堂ケ谷(どうがたに) 上ノ山(うえのやま) 休場(やすみば) 道ノ下(みちのした) 段垣内(だんかきうち) 下段(しもだん) 上垣内(かみかきうち) 野中垣内(のなかかきうち) 百合田(ゆりだ) 谷口(たにぐち) 小原谷(こはらだに) 岡ノ元(おかのもと) 石浦(いしうら)

関連情報





資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順

市町村別 
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市








【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『北桑田郡誌』
『美山町誌』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2019 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved