丹後の地名プラス

丹波の

下吉田(しもよしだ)
京都府南丹市美山町下吉田


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


京都府南丹市美山町下吉田

京都府北桑田郡美山町下吉田

京都府北桑田郡宮島村下吉田




下吉田の概要




《下吉田の概要》
府道368号(和泉宮脇線)の下吉田トンネルのあるあたりの一帯。由良川が北へ南ヘ何度も大きく湾曲しながら流れ、その左岸側。
下吉田村は、江戸期~明治22年の村。宮島11ヵ村の1。古代は弓削郷、中世は野々村庄。慶長7年(1602)幕府領、元和5年(1619)より園部藩領。慶安元年(1548)3月、園部藩の検地を受けた。明治4年園部県を経て京都府桑田郡、同12年北桑田郡に所属。同22年宮島村の大字となる。
下吉田は、明治22年~現在の大字名。はじめ宮島村、昭和30年からは美山町の大字。平成18年からは南丹市の大字。


《下吉田の人口・世帯数》 24・44


《下吉田の主な社寺など》

応神天皇を祀った八幡神社が鎮座する。真宗大谷派円融山頓乗寺は、天正4年俗名山内秀次の開基にかかる。
村域内には中世以前の創祀と推定される八幡神社がある。また真宗大谷派の円融山頓乗(ルビ・とんじょう)寺があり、天正四年(一五七六)一一月、了巴(俗名山内秀次)の開基と伝える。

八幡神社
中世以前の創祀と推定されているという。
『北桑田郡誌』に、「八幡神社 下吉田にあり、應神天皇をまつる。毎年秋放生曾に祭典を行ふ。」とある。

真宗大谷派円融山頓乗寺

明治初年の水害により現地に移転したという、本堂正面の竜の彫刻は古い建物の一部と伝える。本尊阿弥陀如来のほか親鸞・蓮如の木像を安置。天正4年(1576)11月、了巴(俗名山内秀次)の開基と伝えるそうである。『北桑田郡誌』は、「圓融山頓乘寺 下吉田にあり、真宗大谷派の末寺。天正四年十一月了巴 俗名山内秀次 の開基せる所と傳ふ。」とある。


《交通》


《産業》


《姓氏・人物》


下吉田の主な歴史記録




下吉田の伝説





下吉田の小字一覧


下吉田(シモヨシダ)
溝ノ上(みどのうえ) 上ノ庄(うえのしょう) 山ヅラ(やまづら) 稲荷(いなり) 段浦(だんのうら) ダン 木ノ下(きのした) 中ノ下(なかのした) 前ノ本(まえのもと) 北ノ本(きたのもと) 見原(みはら) 久保瀬(くぼせ) 堂山(どうやま)

関連情報





資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順

市町村別 
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市









【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『北桑田郡誌』
『美山町誌』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2019 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved