丹後の地名 若狭版

若狭

小浜鹿島(かしま)
福井県小浜市小浜鹿島


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


福井県小浜市小浜鹿島

福井県遠敷郡小浜町鹿島

小浜鹿島の概要




《小浜鹿島の概要》

市街地の南西部、日蓮宗妙興寺があるあたり。
旧城下にあたる小浜24区の各町名はいずれも有名神社名から名付けたといわれ、鹿島は茨城県鹿島神宮にちなんだものかという。
近代の鹿鳥町は、明治7~22年の町名。小浜町のうち。明治7年区割改定により中西町・福岡町・富田町が合併して成立。合併時の戸数109。明治19年の戸数116、人口541。同22年小浜町の大字となる。
近代の鹿島は、明治22年~現在の大字名。小浜を冠称。はじめ小浜町、昭和26年からは小浜市の大字。毎年9月14 ・ 15日に行われる八幡神社祭礼放生会には、江戸期の中西町の出し物を引き継ぎ神楽太鼓を出す。

《小浜鹿島の人口・世帯数》 154・61


《小浜鹿島の主な社寺など》

日蓮宗後瀬山妙興寺

本尊十界大曼陀羅。永仁2年(1294)日像によって創建されたと伝え、当初は欠脇町心光寺辺りにあったという。享徳4年(1455)6月5日付武田信賢判物に「於当寺、自然甲乙人等狼籍巳下事、堅可令禁制之状如件」とある。永正15年(1518)は日野重子の田地寄進があり、遠敷郡のうちに九段の寺領があった。近世では京極氏・酒井氏歴代も禁制を出し、京極氏家臣小足掃部の屋敷が本堂として寄進されたという。寺蔵の元和4年(1618)記銘讃のある小足掃部夫妻画像は市指定文化財。
『遠敷郡誌』
妙興寺 日遘宗妙顯寺末にして同町鹿島に在り、本尊は寶塔中題目にして境内寺院に本妙院あり、境内佛堂に兩金剛堂清正堂あり、永仁の頃一禅納素?(由+頁)日蓮の法孫日像の當地に来るに會して之に歸伏し、草庵を改めて後瀬山妙興寺とし日像を以て開基とすと云ふ。四箇聖跡の一と稱す。初闕脇町に在りしが天文年中今の妙源寺地に移り後復茲に移る。

『小浜町誌』
妙興寺
後瀬山北麓、空印寺ノ西隣ニ在リ。日蓮宗ニシテ京師妙顕寺ニ属ス。相傳フ、永仁二年日像上人之ヲ創建シ、後瀬山妙興寺ト号ス。其地ハ今ノ心光寺ノ境タリ。天文年中第十一世ノ僧日也寺ヲ川縁町ニ移シ高大山ト改号ス。第十二世日賢又之ヲ移シテ今ノ地ニ轉ス。此地ハ元浄土寺ノ旧址ナリ。什物ニ日像ノ短刀及日蓮・日像ノ曼荼羅アリ、之ヲ三什物ト稱ス。守護武田信賢以下累代及京極・酒井各國主皆寺中禁制ノ状フ授ク。昔時寺中ノ僧居十坊アリ、外門ノ金剛力士ハ元三方郡向笠村月輪寺ニアリシモノナリト。又鳧鐘アリ其銘中ニ後瀬山岸妙興寺ノ字アルヲ以テ、俗此寺ヲ呼テ山岸ト曰フ。境地幽邃後ニ層嶂ヲ負ヒ。山壁ニ水簾ヲ懸ク。所謂雲井ノ瀑是ナリ。


雲井ノ瀑
『遠敷郡誌』
雲井の瀑は妙興寺の境内にあり、妙趣を以て古来有名なり。


小浜西組重伝建地区町並み保存資料館

西組というのはだいたい堀川筋から西側の町家のことで、この辺りの一帯は広く、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている。だいたいは商家町や茶屋町で、寺社や名勝も多い。香取・飛鳥・男山・鹿島・貴船・大原・浅間・白鳥・日吉・住吉・神田・青井の各一部または全域である。
カメラ持って歩くとタイムスリップした気分で丸一日は十分に遊べるだろう。


《交通》


《産業》


《姓氏・人物》


小浜鹿島の主な歴史記録




小浜鹿島の伝説






小浜鹿島の小字一覧




関連情報





資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順


若狭・越前
    市町別
 
福井県大飯郡高浜町
福井県大飯郡おおい町
福井県小浜市
福井県三方上中郡若狭町
福井県三方郡美浜町
福井県敦賀市

丹後・丹波
 市町別
 
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市







【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『福井県の地名』(平凡社)
『遠敷郡誌』
『小浜市史』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2020 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved