丹後の地名 若狭版

若狭

川崎1~3丁目(かわさき)
福井県小浜市川崎1~3丁目


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


福井県小浜市川崎1~3丁目



川崎1~3丁目の概要




《川崎1~3丁目の概要》
小浜新港および漁業関連施設の立地のため、小浜湾を22万3,000㎡にわたって埋め立てて昭和58年に出現した地で、地内には広い道路がほぼ東西・南北に整然と走る。
台場浜公園あたりから先は公有水面の埋立地。昭和48年から手狭になった小浜漁港の移転と水産業者の有機的結合を目的として、津島・多賀・鈴鹿3区の海岸部を埋め立てて小浜新港を造成し、同58年11月開港。町名は、江戸期に栄えた川崎港がこの近くにあったことから、その繁栄を受け継ぐことを願って川崎としたという。
漁業関連施設の立地を目的とするため、宅地としての利用は規制されている。


《川崎1~3丁目の人口・世帯数》 4・2


《川崎1~3丁目の主な社寺など》

若狭フィシャーマンズ・ワーフ

若狭湾観光、海産物・みやげ物売場、食堂が入る若狭フィシャーマンズ・ワーフ


若狭国定公園の名勝蘇洞門めぐりの遊覧船乗場



台場浜公園

幕末の日本海沿岸警備のため大砲を置いた川崎台場跡に台場浜公園がある、佐渡に渡った世阿弥をしのび、「世阿弥船出之地の石碑」がたつ。
安政元年(1854)に海岸部に半円形に張出す台場が築造され、大砲5門が設置された。台場5基のうち4基は工事請人重田卯右衛門の私費によるもので、以後同氏が御台場懸りを命ぜられた。
洲崎町は寛永夫代帳にみえ、寛文年中(1661-73)には海岸部に酒井忠高の御茶屋があったと伝える。


《交通》


《産業》


《姓氏・人物》


川崎1~3丁目の主な歴史記録




川崎1~3丁目の伝説






川崎1~3丁目の小字一覧




関連情報





資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順


若狭・越前
    市町別
 
福井県大飯郡高浜町
福井県大飯郡おおい町
福井県小浜市
福井県三方上中郡若狭町
福井県三方郡美浜町
福井県敦賀市

丹後・丹波
 市町別
 
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市







【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『福井県の地名』(平凡社)
『遠敷郡誌』
『小浜市史』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2021 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved