丹後の地名 若狭版

若狭

小浜大原(おおはら)
福井県小浜市小浜大原


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


福井県小浜市小浜大原

福井県遠敷郡小浜町大原

小浜大原の概要




《小浜大原の概要》
小浜城下町の西端部に位置し、中央をほぼ北から南に延びる丹後街道(市道男山青井線)沿いに町並みを形成している。今の堀川筋(県道14、235)が新設される以前は、舞鶴の方から来た場合は、市街地に入ろうとすれば、ここから入った。
旧城下にあたる小浜24区の各町名はいずれも有名神社名から名付けたといわれ、大原は京都大原野神社にちなんだものかという。
近代の大原町は、明治7~22年の町名。小浜町のうち。明治7年区割改定により清水町と今道町の一部が合併して成立。合併時の戸数89。明治19年の戸数72、人口279。同22年小浜町の大字となる。
近代の大原は、明治22年~現在の大字名。小浜を冠称。はじめ小浜町、昭和26年からは小浜市の大字。毎年9月14 ・ 15日に行われる八幡神社祭礼放生会には、第2次大戦前は業平の東下りの練子を出していたが、昭和33年から棒振り大太鼓を出して参加している。

《小浜大原の人口・世帯数》 71・27


《小浜大原の主な社寺など》

真言宗泉涌寺派妙心山正法寺

県文化財の銅造如意輪観音半跏像を所蔵する。旧丹後街道沿いにある。
『小浜町誌』
正法寺
後瀬山ノ西麓ニ在リ。傳言フ、元暦元年遠敷郡坂尻浦漁夫大橋五郎左エ門。両児島近傍海中ニ霊光ヲ認メ、之ヲ探ツテ如意輪観音ノ像ヲ得タリ。是ニ於テ村後ノ山腹ニ小宇ヲ営ミ、像ヲ安置シ、上山観音ト稱シ、又坂尻浦ヲ改メテ佛谷浦ト号ス。始メ五郎左エ門此像ヲ獲、之ヲ脇下ニ挾ミテ海底ヨリ出ツ。因テ名ヲ脇左エ門ト改ム。後数歳ヲ経テ栖雲寺ノ僧榮岳小堂ヲ建テ、彼ノ観音ヲ茲ニ移シ、旧ニ依テ上山観音ト稱ス。寳徳元年妙徳寺ノ住僧、玄室小堂ノ傍ニ一宇ヲ建テゝ、妙心山正法寺ト号シ、曹洞禅僧ヲシテ茲ニ居リ之ヲ守ラシム。今山城葛野郡泉涌寺ノ末派ニ属シ真言宗ナリ。



臨済宗妙心寺派万松山栖雲寺

旧丹後街道に面して常高寺の惣門があるが、その門の内にある。本尊釈迦如来。文明15年(1483)武田信親の創建、京都東山建仁寺の僧潤甫周玉(武田元信長子)の開山という(若州管内社寺由緒記)。しかし「若狭国税所今富名領主代々次第」の応永14年(1407)5月17日の記事に「当浜御成ありて栖雲寺に御座」とあって将軍足利義持の来遊を伝え、室町初期に存在したとも考えられる。潤甫周玉が没した天文17年(1548)以後は無住となり衰微していたが、浅野長政が扶助し存続した。慶長7年(1602)10月京極高次は米五石を寄進している。
当寺はもと現常高寺の地にあったが、寛永7年(1630)当寺を改築し常高寺としたために断絶。当時は凌霄山栖雲寺と号していたが、山号は常高寺に付属され、旧寺名は消滅した。寛文2年(1662)現在地に再建され現山号に改めた。酒井氏も先例により寄進をした。寺領は延宝3年(1675)まで青井村より収納していたが翌4年より蔵米より支給された。寺蔵の永万元年(1165)7月25日の紀年銘をもつ木造阿弥陀如来坐像は市指定文化財。
『遠敷郡誌』
栖雲寺 臨済宗妙心寺派にして小濱町大原にあり、本尊は釋迦如来と文珠普賢なり、文明十五年武田信親の草創にして潤甫和尚を開山とす、元建仁寺派に属せしが、慶長年中常高寺開山槐堂之れを當派に改む、嘉永六年に寺堂燒失す、寺地は元後瀬山麓にありしと云ふ。

『小浜町誌』
栖雲寺
常高寺上下二門ノ間ニ在リ。臨濟宗ニシテ山號ヲ萬松ト稱ス。文明十五年守護武田信親之ヲ創建ス。信親法号ヲ宗鐵ト曰ヒ、又栖雲寺殿ト稱ス。洛東建仁寺ノ僧、潤甫和尚ヲ開祖トス、故ニ建仁寺ノ末派ニ属ス。後慶長年中槐堂和尚未夕常高寺住職タラザルノ時、暫ク茲ニ寓シ、改メテ妙心寺ノ末派ト為シ、今ニ至テ猶此ノ如シ。曾テ京極宰相高次寺領五石ヲ寄附ス。酒井忠直公及忠囿公モ亦之ヲ附與ス。傳言フ、斯寺本ト後瀬山下今常高寺ノ境地ニ在リ、後同寺中翠巌院ノ地ニ移リ、其後京極忠高常高寺創立ノ時ニ方リ、更ニ今ノ處ニ移レリト。



時宗霊正山西林寺

旧丹後街道(右の道)から石段で少し山を登るよう、お寺まで行くのを忘れてしまった。
『遠敷郡誌』
西林寺 時宗國阿派にして山城正法寺末なり、同町に在り、本尊は阿彌陀如来にして永和三年随縁嚴阿と稱する人開き、四年西林寺と改む、永徳元年時宗となる、元眞言宗にして高野堂と稱し来りしが、應永十六年遊阿彌なる僧今の寺を開けりと言ふ、又一説に康應元年随縁の開く所とす。

『小浜町誌』
西林寺
後瀬山西麓上山観音堂ノ南ニ在リ。山ヲ霊正卜號ス。洛東霊鷲山正法寺ノ流義タルノ故ニ山号霊字ヲ冐ス。應永十二年僧遊阿彌之ヲ創建ス。境内山腰ニ征清役忠死者ノ招魂紀念碑アリ。



《交通》


《産業》


《姓氏・人物》


小浜大原の主な歴史記録




小浜大原の伝説






小浜大原の小字一覧




関連情報





資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順


若狭・越前
    市町別
 
福井県大飯郡高浜町
福井県大飯郡おおい町
福井県小浜市
福井県三方上中郡若狭町
福井県三方郡美浜町
福井県敦賀市

丹後・丹波
 市町別
 
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市







【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『福井県の地名』(平凡社)
『遠敷郡誌』
『小浜市史』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2020 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved