丹後の地名 若狭版

若狭

小浜竜田(たった)
福井県小浜市小浜竜田


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


福井県小浜市小浜竜田

福井県遠敷郡小浜町竜田

小浜竜田の概要




《小浜竜田の概要》
堀川筋の東側、今の浜参道通りの一つ南側の通り両側で、本境寺のあるあたり、だいたい商店街になっている。
旧城下にあたる小浜24区の各町名はいずれも有名神社名から名付けたといわれ、竜田は奈良県の竜田神社にちなんだものかという。
近代の竜田町は、明治7~22年の町名。小浜町のうち。明治7年区割改定により今在家町・材木町と松寺小路の一部が合併して成立。合併時の戸数108。明治14年滋賀県から福井県へ編入されると若狭地方では生活の不便さが顕著となり、滋賀県への復県運動が起きた。小浜においても例外ではなく、当町の総代武田清左衛門が明治14年2月の遠敷郡総代の復県嘆願書に名を連ねている。明治19年の戸数76、人口341。同22年小浜町の大字となる。
近代の竜田は、明治22年~現在の大字名。小浜を冠称。はじめ小浜町、昭和26年からは小浜市の大字。毎年9月14 ・ 15日に行われる八幡神社祭礼放生会には、隔年ごとに大臣の山車を奉納している。

《小浜竜田の人口・世帯数》 100・35


《小浜竜田の主な社寺など》

法華宗真門流恵光山本境寺

案内板がある。
本境寺
1504年、小浜の廻船問屋、組屋氏などが大壇越となって創建されました。戦乱の都を逃れた法華宗の貴重な仏画が伝わるとともに、北方の産物を運び入れる際の宿所ともなっていた寺院です。中世、海と都をつなぐ小浜の様相を良好に示しています。


所在地は近世の今在家町の東側中央。本尊十界大曼陀羅。延宝3年(1675)9月の本境寺縁起に「永正元年之草創、各+隹陽本山本隆寺開基日真聖人直弟、当寺開山僧都日因上人、(中略)被任北陸道法華勝劣之統領。故同年来至此地、造営一宇」と記す。天文7年(1538)8月23日守護武田信豊によって寺内寄宿停止がなされ、同19年には諸役免除となり、のち代々の領主の保護をうけた。境内地は当初栖雲寺納所梵智の相伝地であったが、天文七年本堂敷地として当寺へ寄進されたものである。寺蔵の日蓮筆下山抄断簡、応安元年(1368)記銘の朗源絵曼荼羅二幅はいずれも市指定文化財。
『遠敷郡誌』
本境寺 日逹宗本隆寺末にして同町龍田に在り、本尊は妙法蓮華經寶塔釋迦多寶にして天文頃は勢力ありし寺也、境内寺院に松葉院境内佛堂に毘沙門堂あり。

『小浜町誌』
本境寺
妙光寺ノ東ニ在リ。日蓮宗ナリ。明應年中京師本隆寺ノ僧日真此境ニ来ツテ宗義ヲ説ク。妙興寺ノ僧日因其法流ニ婦シ、永正年中一字ヲ創建ス。日真之ニ名ケテ恵光山寺本境寺ト曰フ。今ニ至テ猶本隆寺ニ属ス。昔時寺中六坊アリ、武田信豊・丹羽長重・京極高次・忠高等、禁制ノ状ヲ授ケ徭役ヲ授ク。酒井忠直・忠囿二公モ亦旧例ニ依テ制状ヲ授ク。境内ニ三十番神社アリ。又組屋鯤溟仁山二翁ノ碑アリ。近時小濱幼稚園ヲ門内ニ建ツ。


境内に三十番神社がある。

日蓮宗・法華宗では特に重視された守護神。熱田のほか30社の神々を祀る。


浄土真宗本願寺派西宝寺

『遠敷郡誌』
西寶寺 眞宗本願寺派にして同町龍田に在り、永享十二年建立開山を常徳と傳ふ、元専宗寺と號し下竹原に在りしが築城の際今の地に移轉し寺號をも改めたりと云ふ。

『小浜町誌』
西寳寺
小濱町龍田区ニ在リ。一向宗西本願寺ノ流義ナリ。永享十二年律師常徳、寺地ヲ守護武田信榮二請ヒ、一宇ヲ創建シ専宗寺ト号ス。其地下竹原村ニアリ。東西七十二間、南北五十三間ニシテ今ノ城地ナリ。後年築城ノ時寺ヲ此ノ處ニ移シ、正徳年中名ヲ改メテ西寳寺ト曰フ。開祖常徳ハ秦姓ニシテ、近江國滋賀郡ノ人ナリ。十四歳ノ春三井寺善法院ニ於テ薙染シ、後東本願寺第六世巧如上人ノ門ニ入リ一向宗トナル。昔時境内二十景ノ勝アリト云フ。



《交通》


《産業》


《姓氏・人物》


小浜竜田の主な歴史記録




小浜竜田の伝説






小浜竜田の小字一覧




関連情報





資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順


若狭・越前
    市町別
 
福井県大飯郡高浜町
福井県大飯郡おおい町
福井県小浜市
福井県三方上中郡若狭町
福井県三方郡美浜町
福井県敦賀市

丹後・丹波
 市町別
 
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市







【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『福井県の地名』(平凡社)
『遠敷郡誌』
『小浜市史』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2020 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved