丹後の地名  資料編 

蛇島(じゃじま)
京都府舞鶴市佐波賀


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


 

蛇島の地誌



《蛇島の概要》
蛇島は舞鶴湾のほぼ中央部。長浜と佐波賀の間の海にある小島。北岸の佐波賀に属する。全島樹林でおおわれ、周囲約600m。標高40m。
天正年間に若狭の武将逸見駿河守の居城が設けられ、「ヘンミ」が「へビ(蛇)」となり、さらに「ジャ」と発音し島名になったという(丹後旧語集)。
正解でなかろうか。逸見(へんみ)はまちがいなくヘビのことであろう。ヘビは古くはヘミとかハミ、ハビといったようである。
桃山期「丹後紀行」の著者・里村紹巴もこの島に滞在した。
明治30年軍港用地として買い上げられ、大正13年ガソリン庫、昭和17年に地下タンクが設置された。現在も国有地。利用されていない。
浮島丸殉難の碑が見つめる蛇島



資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順

市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市







蛇島の主な歴史記録



蛇島
《丹後国加佐郡旧語集》
八幡宮。天神、氏神、鍵取 才右衛門。蔵王権現、額ハ持明院殿御筆也、氏神、鍵取 十郎左衛門。清林寺、経応山、桂林寺末。古城、桜井志摩。磯部名水有、吐月水、天正ノ比此所住人佐波賀十郎左衛門強弓勢之由。蛇島。内海ニ有島也逸見駿河守在城ト云若州武田ノ一族也。玄蕃頭譜代トシテ爰ニ駿河守ヲ置ト云天正之頃之コト也。…。鳥帽子島。水島碇之丞住居。クリト云岩。三本末雷盆ウツムケタル如ク嶋ニ松鼎ノ如ク有。


《丹哥府志》
◎佐波賀村(千歳村の次、是より田辺の庄平村に出る)
【天満宮】
【蔵王権現】
【経応山清林寺】(曹洞宗)
【桜井志摩城墟】
【清水】(泉水)
【蛇島】
蛇島は佐波賀村の前にあり、島の上に逸見駿河守の城墟あり、駿河守は若州の城主武田元信の臣なり。
【烏帽子島】
島の上に水島碇之丞館舎の跡あり。
 【付録】(八幡、地蔵堂、辻堂)

佐波賀の小字

《舞鶴市史》より
佐波賀 ワニツカ ヒコシミ ヤナゴラ コゾ子 香良 西ノ脇 西ノ山 高岸 堂ノ前 下村中 アンノ上 長塚 サコ 小浜 コナギ ユリ サイ崎 フクロ 大谷 ヒシロ 高山 大石 東谷 堂山 越根 赤梨 桂谷 ヒノクチ 小森 上村中 土井 中尾 ショシャクボ 田ノ下 宮ノ谷 竪道 鬼ケ城 梨ノ木 荒城 ハナ 初坂 滝和田 蛇島 後山 烏島 戸島 小谷 上香良

関連情報

佐波賀 烏島  千歳

蛇島 蛇島
浮島丸事件




Link Free
Copyright © 2007-2008 Kiichi Saito (kiichisaitoh@hotmail.com
All Rights Reserved