丹後の地名  資料編

河辺中
(かわべなか・かわなべなか)
京都府舞鶴市河辺中


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。




 

河辺中の地誌


《概要》


舞鶴市の東北部。河辺谷を流れる河辺川の河口付近。
 中村というくらいだから、この周辺の村々の中心集落と考えられる。
『京都府の地名』は、「古代は志楽郷(和名抄)、中世には志楽庄河辺(河部とも)村の中心地であったと考えられる。地名「河部」は当村にある八幡神社の、天養元年(一一四四)六月四日の年紀をもつ棟札銘に「河部村氏人」とみえるのが初見。…
志楽庄河辺村は、河辺谷を中心としていたと考えられるが、延徳二年(一四九〇)の河辺村半済方御年貢米銭納帳写(「西大浦村誌」所引)に、平村・赤野村・野原村・栃尾村・原村・小橋村・三浜村の名がみえるので、あるいはこの時期、東方日本海沿岸の地域までも含んでいたかもしれない。…」としている。


《人口》58。《世帯数》23。

《主な社寺》
八幡神社・愛宕神社。

氏神は正八幡(現八幡神社)、河辺谷の諸村(栃尾・河辺原・河辺由里・室牛・西屋)の氏神でもあり、中世以来の郷村結合をうかがわせる。「丹後風土記」残欠に見える河辺坐三宅社の比定地をめぐって論争を呼んだ。境内に貞治3年銘の石灯篭があり、中世から伝承されたという田楽舞が奉納される。

田井村海臨寺末・紫翠山千手(せんじゅ)(臨済宗東福寺派)がある。寺伝によれば慶長六年(一六〇一)の創建。同寺には中世の鰐口(市指定文化財)があり、「丹後国志楽庄内河部岩津森」「明徳五甲戊年七月日信心諸旦施主等敬白」の銘がある。
『加佐郡誌』
 〈 千手院、臨済宗、慶長六年智曳和尚開山、東大浦村  〉 

『丹哥府志』
 〈 【紫翠山千手院】弘法大師の般若経あり。  〉 


干田(ひだ)古墳群は河辺川左岸の丘陵端にある一六基の円墳群(古墳後期)。二号墳は径一四メートルと最大で、須恵器・土師器・勾玉・金環などが出土した。
山をひとつ越えると大波群集墳がある。丹後ではあまりみられないものである。


《交通》
府道561号線。

《産業》
農業。


河辺中の主な歴史記録


《丹後国加佐郡寺社町在旧起》

《丹後国加佐郡旧語集》
 〈 千手院、海臨寺末。正八幡…。白髭明神。恵比須。鍛冶屋明神。荒神。天神。  〉 


《丹哥府志》
 〈 ◎河辺中村
【八幡宮】(祭八月十五日)
宮の内に古代の獅々頭並鋒釼の類伝はる。
【紫翠山千手院】
弘法大師の般若経あり。
 【付録】(荒神、天神、大日堂、辻堂)  〉 




資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順

市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市







河辺中の小字


河辺中 青良 茂崎 西ノ田 野々村 小畑迫 中井根 横円 村下 村西 村中 村奥 小峠 干田 干田口 大井根 大木野 イセキ ヨトリ田 宮ノ向 宮ノ上 西ケ谷 浦山万場谷 浦山馬場谷 鎌倉谷

関連項目

東大浦村 西屋 中田 河辺八幡神社
ぶっそうな石




Link Free
Copyright © 2007 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved