丹後の地名  資料編


成生岬(なりゅうざき・なりうざき)
京都府舞鶴市成生


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。



2  

成生崎の地誌


《成生崎の概要》


 成生崎は舞鶴市の東北端、若狭湾に突出する岬。大浦半島の一部。全半島が花崗岩。
成生岬(坂根正喜氏の空撮)

昭和11年には、岬の先端部に海軍防備隊の官舎と防空砲台が設置された。コンクリートとレンガ造りという。連合軍艦載機との交戦の記録が残る。

電線と碍子?

波止場?
↑いずれも見にくいかと思うが、旧時代の電線や碍子、波打ち際に朽ちたコンクリート製の波止場らしきもの。この時代の遺物か?

現在も旧海軍以来の灯台が使用されている。
東岸部にはブリの回游の好漁道があり、大敷網が設置される。

↓成生岬の先端(西側より)(灯台があるが、この写真では見にくい。)
成生岬の先端:西側より
↓東側より
成生岬の突端部

↓奈島と背後は毛島
奈島と毛島

↓成生岬黒地湾(北湾):上陸適地はない
この付近は府最初の指定という「魚付林」で、海から何メートルかは決して伐ってはならない、森は海の恋人だそう。魚付林とはすなわち人付林で、森は人間にとっても恋人。すぐ木を伐ってコンクリで固めたがる者が多いのだが、自分の首を切るような愚かな話、自分の首を切ってから木を伐ってくれ。
黒地湾(成生岬)

黒地湾(成生岬)

↓市天然記念物:スダジイの巨木
スダジイの巨木(成生岬)




成生岬の主な歴史記録


《丹哥府志》
 〈 (倉内の北、出図)
丹後より若州へ渡る凡十七、八里、其間の一大見崎なり。
  〉 


《地名辞書》
 〈 成生岬。田井野原の北、海中に突出凡五十町、其極端は岩崖角を成す、伊根浦の亀島と相対して、丹後海湾の東角にあたる、成生岬の東傍数百間を隔て、毛島(けしま)と名くる岩嶼あり。
補〔成生岬〕加佐郡○地誌提要、成生村の東北端、突出凡三十町、○()島、成生岬の遠洋二三里にして小嶼二あり、丹後海湾の門戸にあたる、○成生岬は若狭、丹後の境とす。  〉 


資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順

市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市


成生岬(小橋から)


成生岬(空山より)








関連項目

成生 田井  大山 野原 東大浦村 大浦半島



Link Free
Copyright © 2007-2010 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved