丹後の地名は

























































































































松平夏奈さんコンサート
Wonderful Time Concert


松平夏奈さんコンサート(13.4.14)
例年よりはかなり早い桜の開花となり、うれしい花咲く春を迎えました。今回は オカリナ奏者・風奏(ふうか)さんとコラボ。この日の20曲ばかりのなかから、いくつかをご紹介…



↑オカリナはニワトリの卵くらいの大きさと思っていたけれど、いろいろ形があって、卵よりはだいぶに大きい。イタリア語で「小さな鵞鳥」のことというが、あまり鵞鳥には似てないような。これは恐竜の卵か、天使の涙か、異星人の宇宙船だ。穴がかなりあいている、12穴くらいが基本らしい。
7つくらいに出せる音階によって分かれているよう。マヤかインカの何とも素朴な懐かしい心深くにしみる音色を響かせる。

知らぬ人とてないなつかしい名曲ばかり…
  「花の町」「春の唄」


七色の谷を越えて
流れて行く 風のリボン
輪になって 輪になって
かけていったよ
春よ春よと かけていったよ

ラララ赤い花束 車に積んで
春が来た来た 丘から町へ
すみれ買いましょ あの花売りの
かわい瞳に 春のゆめ


  春の日の花と輝く


春の日の 花と輝く
うるわしき姿の
いつしかに あせてうつろう
世の冬は 来るとも
わが心は 変わる日なく
御身(おんみ)をば 慕(した)いて
愛は なお 緑いろ濃く
わが胸に 生くべし

色は匂えど散りぬるを… 春が来れば冬も近い。
アイルランド民謡に国民的詩人トーマス・ムーア(1779~1852)が詩をつけたという。賛美歌のような調子にも聞こえるが、日本中世の無常の精神世界に似ている。春の花と同じ妖精の贈り物だから、永遠に続いたりはしない、やがてはかなく消えてしまう。そうであってもわたしの心は永遠ですよ。何の信念もなくすぐブレるのがご専門の政治屋さんなどはよ~く聞かれるとよいかも、冬はすぐですぞ。

 同じものが、ダウン・ロードできます。(自分で聞く範囲にして下さい)
    春の日の花と輝く

  金髪のジェニー


夢に見しわがジェニーは
ブロンドの髪ふさふさと
小川の岸辺を行き
あたりには雛菊笑む
楽しき歌 口ずさびつ
小鳥の歌に合わせて
ああ 夢に見しわがジェニーは
ブロンドの髪ふさふさと行く

アメリカの音楽家フォスターが1854年に作曲した歌曲。クソうるさく著作権を主張するご本家アメリカで、これらは著作権がない。
アメリカ音楽の父とも称されるフォスターは貧困で落ちぶれ果て、所持金38セントしかない状態で、飲んだくれて37歳で死去したという。「金髪のジェニー」は彼の奥さんで、その貧困のため生活は破綻直前状況だったという、そうしたさなか、この曲は作られた。芸術家といえばだいたいはそうしたものかも、ましてアメリカならば、よほどに商才でも持ち合わせていなければ、我利我利亡者でもなければ金銭的世俗的な成功はありえなかったかも、アメリカ的悲劇か.。しかし彼らは儲かれば社会還元をするよう多少は務めてはいる、教えなくともそうした精神を身につけている、エライと思わされることもけっこうある。しかし日本の亡者どもは還元もしくさらん、自分が儲かればそれでいいという考えしかない、落ちぶれても擁護は一切無用か、そして何もそうした人種だけでなく、日本人一般にそうした傾向が見られること、自分さえよければよい、これで未来があろうか…

レクチャー・タイム。「草原の輝き」↑
真剣にヘタクソに、何を歌っているのか、コンピューターがわからないほどにオンチに歌ってもらわない限りはアップはムリ。


  赤い靴・青い目の人形


赤い靴 はいてた 女の子
異人さんに つれられて 行っちゃった


青い眼をしたお人形は
アメリカ生まれのセルロイド 日本の港へついたとき
いっぱいなみだをうかべてた
わたしは言葉がわからない
迷子になったらなんとしょう やさしい日本の嬢ちゃんよ
なかよくあそんでやっとくれ
なかよくあそんでやっとくれ



  夢路より


夢路よりかえりて
星の光 仰げや
さわがしき 真昼の
業も今は 終わりぬ
夢見るは 我が君
聴かずや 我が調べを
生活の憂いは
跡もなく 消えゆけば
夢路より かえりこよ

「夢見る人」とも訳される。同じくフォスターの名曲。妻の「金髪のジェニー」や子と別居し、ニューヨークの安宿で安酒をあおる荒んだ生活。安宿でめまいを起こし、転倒し、頭をぶつけて大怪我、病院に担ぎ込まれ3日後にそのまま死去したという。その死の数日前に完成したと伝えられている。


 (内緒の)おまけ 琵琶湖周航の歌



 同じものが、ダウン・ロードできます。(自分で聞く範囲にして下さい)

    琵琶湖周航の歌







2013.4.14

舞鶴西市民プラザ













資料編のトップへ
丹後の地名へ




資料編の索引

50音順

市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市




























































































お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。

関連情報

日本唱歌:松平夏奈さんConcert(14.6.8)
燕になりたい:松平夏奈さんコンサート(13.7.7)
Xmas-songs'12:松平夏奈さんコンサート(12.12.15)
舞鶴小唄2:松平夏奈さんコンサート(12.10.28)
クラシックの名曲:松平夏奈さんコンサート(12.7.8)
翼を下さい:松平夏奈さんコンサート(12.4.22)
花:松平夏奈さんコンサート(12.2.25)
クリスマスソング:松平夏奈さんコンサート11.12.24
舞鶴小唄:松平夏奈さんコンサート11.10.23
久遠の河:松平夏奈さんのコンサート11.7.10
春の宴:松平夏奈さんコンサート2011.4.28
愛の賛歌:松平夏奈さんのconcert
世界に求む:松平夏奈さんのコンサート
松平夏奈さんの「At home concert」2010.9.26
松平夏奈さんのSummew Time Concert 2010.7.19
松平夏奈さんの「桂林寺開山忌」



Link Free
Copyright © 2013 Kiichi Saito (kiichisaitoh@hotmail.com
All Rights Reserved