丹後の地名は
























             松平夏奈さんの
At home         Concert
















2010.9.26の様子
 
松平夏奈さんの
At Home Concert
  




少しだけ…





松平夏奈さん(2010.9.26)


 こんな名月の宵、本当はもう少し下弦の月でしたが、みなさんも歌ってみましょう、きっと私よりもいい声がでますよ…
−−と歌唱指導もしてくれる夏奈教授。




 ↑基本中の基本。それではご一緒に どうぞ…


   当日の録音→



故郷     高野辰之 作詞
     岡野貞一 作曲

1 兎追いしかの山、  小鮒釣りしかの川、
    夢は今もめぐりて、
    忘れがたき故郷。

2 如何にいます父母、
  恙なしや友がき、
    雨に風につけても、
    思い出ずる故郷。

3 こころざしをはたして、
  いつの日にか帰らん、
    山はあおき故郷。
    水は清さ故郷。
文部省唱歌『故郷』は『尋常小学唱歌(六)』(大正3 文部省)に初めて掲載されました。作詞者の高野辰之と作曲者の岡野貞一は、ともに東京音楽学校教授と文部省小学校唱歌教科書編纂委員を兼任し、多くの名作唱歌を世に送りました。長野・中野市に現存する作詞者が生まれ育った家の裏手には、ウサギ狩りを楽しんだ「かの山」が拡がり、反対側には小鮒を釣った「かの川」が流れています。作曲者が生まれ育った鳥取市でも、地元の山や川がモデルの地だ、とされています。しかし、特定のモデルの地を詮索するより、どこにでもある故郷の風景と思い出を歌いあげた唄だ、と理解しておきたいものです。また、いまの子どもたちには、文語調の歌詞が少しわかりにくいようですが、ずっとあとになってから「ああ、あの唄の意味はそうだったのか」とわかることがあっても良いのではないでしょうか。
 ところで、この唱歌には《ファ》の音階が使われています。伝統的な日本の音階にない《ファ》と《シ》を排除した「ヨナ抜き」音階を採用しなかったのは、作曲者が幼い頃から慣れ親しんでいたキリスト教音楽の影響ではないか、といわれています。
(↑この日のコンサートでもらった案内より)
もしこれが歌えるなら小学生級。





 もう一曲 this is the moment





ミュージカル「ジキルとハイド」のなかの一曲だそうです。英語の得意な方はどうぞ−
もしこの曲がうたえればOSK級かも。

This is the moment
martin nievera

This is the moment!
This is the day,
When I send all my doubts and demons
On their way!

Every endeavor,
I have made - ever -
Is coming into play,
Is here and now - today!

This is the moment,
This is the time,
When the momentum and the moment
Are in rhyme!

Give me this moment -
This precious chance -
I'll gather up my past
And make some sense at last!
This is the moment,
When all I've done -
When all the dreaming,
Scheming and screaming,
Become one!

This is the day -
See it sparkle and shine,
When all I've lived for
Become mine!

For all these years,
I've faced the world alone,
And now the time has come
To prove to them
I'd made it on my own!

This is the moment -
My final test -
Destiny beckoned,
I never reckoned,
Second Best!

I won't look down,
I must not fall!
This is the moment,
The sweetest moment of them all!

This is the moment!
Damn all the odds!
This day, or never,
I'll sit forever
With the gods!

When I look back,
I will always recall,
moment for moment,
This was the moment,
The greatest moment
Of them all!

 おまけの名曲

 
おまけの 「秋桜」↓


  

(1) 薄紅のコスモスが 秋の日の
  何気ない陽だまりに 揺れている
  この頃 涙もろくなった母が
  庭先でひとつ 咳をする
  縁側でアルバムを 開いては
  私の幼い日の思い出を
  何度も同じ話 繰り返す
  独り言みたいに 小さな声で

  こんな小春日和の 穏やかな日は
  あなたの優しさが 沁みてくる
  明日嫁ぐ私に 苦労はしても
  笑い話に 時が変えるよ
  心配要らないと 笑った

(2) あれこれと思い出を たどったら
  いつの日も一人では なかったと
  唇噛んでいます
  明日への荷造りに 手を借りて
  しばらくは楽しげにいたけれど
  突然涙こぼし 元気でと
  何度も何度も 繰り返す母

  有難うの言葉を 噛み締めながら
  生きてみます 私なりに
  こんな小春日和の 穏やかな日は
  もう少し あなたの
  子供でいさせてください
























資料編のトップへ
丹後の地名へ



資料編の索引

50音順

市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市







お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


関連情報

日本唱歌:松平夏奈さんConcert(14.6.8)
燕になりたい:松平夏奈さんコンサート(13.7.7)
春の日の花と輝く:松平夏奈さんコンサート(13.4.14)
Xmas曲'12:松平夏奈さんConcert(12.12.15)
舞鶴小唄2:松平夏奈さんコンサート12.10.28
クラシック曲:松平夏奈さんコンサート(12.7.8)
翼を下さい:松平夏奈さんコンサート(12.4.22)
花:松平夏奈さんコンサート(12.2.25)
クリスマスコンサート:松平夏奈さんコンサート11.12.24
舞鶴小唄:松平夏奈さんコンサート11.10.23
久遠の河:松平夏奈さんのコンサート11.7.10
春の宴:松平夏奈さんのコンサート(2011.4)
松平夏奈さんの「桂林寺開山忌」
「2010 summer time concert」
世界に求む:松平夏奈さんのコンサート
「愛の賛歌:松平夏奈さん



Link Free
Copyright © 2010 Kiichi Saito (kiichisaitoh@hotmail.com
All Rights Reserved