加佐郡鳥瞰図
『丹後の地名』へようこそ!
地名は現代人の盲点の一つ。「丹後の地名」も苦労はしても、意味の説明のできないものが多い。ご先祖がつけた地名なのに、なぜこんなことになったのだろう。私にも特にわかるわけではない、しかし何か手掛りを求めての模索の旅日記です。
地名は民衆が残した口承史料、彼らと呼ぶか我らと呼ぶか、丹後の地名が読み解ければ、丹後の真実の民衆史、我らの郷土史が編めるかも知れない。しかし誰も未だ成功したことはない。
至る所工事中だらけで申し訳もない、本当はまだ世に出せるものではありませんが、そこそこに出来るまで草稿を書いていたら、いつになったら公表できるか見当もつきにくい、未完成のままでも暇をみつけて少しずつ書き足しながら、いつの日にか完成させたいと思っています。このやり方がHPではできる、ズボラ者にはもってこいのメディアかも知れない。一人でやっております、追加や更新がまったく思うように進みませんが、どうかよろしく。
当初は5年もあれば出来ると考えていました、やってみればとんでもないことで、いまだに道けわしく旅なかばで、まだまだかかりそう。こんなものでも何もかもを合わせればすでに
470万を越すアクセスがあり、そうした大きなありがたい励ましにいよいよ先をめざしてがんばりたいと考えております。
丹後王国の根拠地ばかりでなく、後に丹波国となった王国の旧領の地名も調べてみたいと思い、丹波国へも越境する予定。










 

当地由縁の人物。チとホネのあるヤツら。
             人物


芦田均
大江季雄
和泉式部
ガラシャ夫人
陸耳御笠
小式部内侍
沢辺正修
塩見勘左衛門
新庄健吾
波多野鶴吉
平林初之輔
藤原保昌
細井和喜蔵
松澤初穂
山本文顕
与謝野晶子
与謝野鉄幹
与謝野礼厳
与謝蕪村



サイト内検索


坂根氏
坂根正喜氏はヘリコプターで、丹後を写している。こんなに夢のある、しかし銭のかかる試みは丹後開闢以来のことではなかろうか。それらの写真は近々HP上に公開されるというが、それまでに貸してくれといって何枚か借りてきた。空から見ると、日常見慣れた風景とは異なる顔を見せてくれる。さすがにヘリだ。地べたから写すのとは違う。次をクリック。9回飛んだそうである。
心のふるさと丹後
坂根正喜GALLERY
←こんな記録を見つけられた。刊行予定だそう。坂根・嵯峨根氏は舞鶴のヌシのような氏族。古代の凡海連氏で、笶原神社の祭祀集団。オフシアマと読んでいるが、本来はオオミ(大海・大耳)の意で古い海人ミミ族のことか、伝説時代の陸耳御笠の一族か。本来の祭神は天照(海照)、皇祖神に設定される以前の天照神で、おとしめられてヒルコ、ヒルメ、エビスと呼んいる神とも思われる。元伊勢とするのも当たっていよう。中世は同氏一族と思われる佐武ケ岳城の坂根修理亮で知られる氏族。当書はこの部分しか触れていないが、それでも何かわかればと楽しみな話である




古代丹波歴史研究所の公式HP


当ページで紹介していない集会などは
伴とし子さんのFaceBook


第4回研究会(2018.9.22)の様子

クリックで動画へ↑(フルバージョン)
声だけなら↓  ダウンロードもできます↓

DL



  blog集
「デシタル丹後」丹後の空からの一部がおいてあります)
「デジタル民間伝承の森」
「心のふるさと丹後」坂根正喜氏のブログ)
Town Review」(このHPの姉妹版です)
You Tube(当サイトの動画はだいたいここに置いてあります)'08.7.5以降、750本ばかりをアップしています。これまでに延べ、
1,268,000 回再生されました。



返事が必要な方はメールしてください(すぐには書けないかも知れませんが…)。
 kiitisaito@gmail.com


50音順 
   い    
         
         
       
         
         
         
         
   り      
         

市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市

 
その他
遠い道
Дорогой длинною

ダロガ(イ) (ド)リーナユ、ダ ノチカ(イ) ルーナユと聞こえると思うが、題名は「遠い道を」というロシア語。
当サイトのテーマはいずれも、一個人が生きているうちには目的地へはたどり着けそうにもない、遠い道ばかり。
まるで妖精のよう、ЛюбАня(リユバニア)の名からしてそうか(愛の妖精?それとも二人の名を合成したものか)、聞いていると、オレも遠い道を来たんだ、の感慨にビビビと包まれる。英語でThose Were the Days(あの日々)、日本では悲しき天使とかの歌になっているが、もともとはこのロシアの曲。ユーチューブには、караоке(カラオケ)版やロシア語発音をカタカナで打ってある版もある、дорогой длинною  да ночкой лунною(遠い道を そうだ夜の月とともに)だけでも歌えるようになりたい。lalala…しか歌えない(泣)。ロシア民謡というよりはジプシー音楽の名曲だろうか。言葉は何もわからなくとも何か心に響いてくるような、テンポが変わるところとか、彼らの味わった悲哀の深さが感じさせられるがどこか底抜けに明るい、わざわざ来てくれた観客を喜ばせたいの超絶技の演奏とか本物のオモテナシ精神などそんな感じがする。
高鳴れバイヤン、のバイヤン(баян バヤン)は鍵盤のところが丸いボタンになっているもの、この妖精たちが奏しているのはアコーディオン、同じ手風琴の細部の違いくらいか、大きく言えば鍵盤ハモニカか。
先人たちの道を受け継いで、たどりつこうとしたが、しかしムリか、切ないはるかな道。次の世代へ引き渡すしか何もできそうにもない。できるだけはわかりやすくまとめておいたつもりだが、まとめきれないものはここに置く予定。まだ別に何も書けてはいませんが。
先人の伝えを時代に合わせてアレンジするのはいいが、その基本精神を故意に歪めたりは決してしないようにまずは願う、しかし歴史はこうしたヤシがほとんど100%だからまずは気をつけられるといいかも…道は遠い、たどりつけない可能性はほぼ100%と高い、わずかな「成功」とかで舞い上がってしまわぬようにしたい。


退化劣化し続ける運命のY遺伝子
令月は日本語か中国語か、本来の日本語(ウラルアルタイ語)はR音が語頭に立つことはないの特徴がある、もし立っていればそれは外来語である。万葉集や記紀も百済系渡来人の手により編まれたものでなかったか。アイスクリームは日本語だと言うくらいの政治屋やメディアばかりなのか、大ヤシこいても令和も元はヤッパ中国語、それを引いて、書に残したのも渡来人であろう。









 いい書籍との出合いを!
  当サイトはどなたからも費用を頂いているわけでもありません、取材費が莫大になりボランティア精神だけではどうにもならなくなり始めました。スポンサーといえばナニですが、世界一の本屋さんの手伝いです。
 いい人との出合いは運次第、思うようには巡り会えないかも知れません、それが人生。
しかしいい本との出合いは、この本屋さんを探せば、いくらでもあります。
GOOD LUCK !

丹後の伝説・民話の本のショップ


そのほかの品物もテンコ盛り
田舎暮らしの不自由なことは、ショッピングに、特に現れるのでないでしょうか。地元商店で購入したい、地元に多少ともそんなことででも貢献したいとは思って、のぞいてみても、ナニもコレといったモノは売られていない。もうチイとらしいモンはないんかい。と、もしかして思われているならば、バですが、ここで探してみて下さい。
さらに加えて配達は抜群に速い。今日の午前中に注文すれば、明日には着く(在庫あるものならば)(ネダンは安いし会員なら配達料は無料)。

 
Link Free
 Copyright © 2019 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved