(当サイトのページビュー数の現在までリアルタイム累計)
(同じものは各ページにもあります)

加佐郡鳥瞰図
 
『丹後の地名』へようこそ!

地名は現代人の盲点の一つ。「丹後の地名」も苦労はしても、意味の説明のできないものが多い。ご先祖がつけた地名なのに、なぜこんなことになったのだろう。私にも特にわかるわけではない、何でもそうだが世の中わからぬ事だらけ、しかし何か手掛りを求めての模索の旅日記です。
地名は民衆が残した口承史料、彼らと呼ぶか我らと呼ぶか、丹後の地名が読み解ければ、丹後の真実の民衆史、我らの郷土史が編めるかも知れない。しかし誰も未だ成功したことはない。
至る所工事中だらけで申し訳もない、難工事の連続で、本当はまだ世に出せるものではありませんが、そこそこに出来るまで草稿を書いていたら、いつになったら公表できるか見当もつきにくい、未完成のままでも暇をみつけて少しずつ書き足しながら、いつの日にか完成させたいと思っています。このやり方がHPではできる、ズボラ者にはもってこいのメディアかも知れない。一人でやっております、追加や更新がまったく思うように進みませんが、どうかよろしく。
当初は5年もあれば出来ると考えていました、やってみればとんでもないことで、いまだに道けわしく旅なかばで、まだまだかかりそう。こんなものでも何もかもを合わせればすでに550万を越すアクセスがあり、そうした大きなありがたい励ましにいよいよ先をめざしてがんばりたいと考えております。
丹後王国の根拠地ばかりでなく、その周辺の地名も調べてみたいと思い、他国へも越境する予定。










サイト内検索

『丹後の地名』がFMラジオ(FMまいづる)でナマで聞けます


https://775maizuru.jp/
ラジオのない方、電波が届かない方は。。↑←    こちらから。

第1月曜の午後3:00〜
再放送は同日の午後9:00〜
30分ほど、「そら、知らなんだ、ふるさと丹後」といったおハナシなど。よろしく(*^^)/ 
放送に乗せきらなかった部分の補足↓
帰化人と渡来人
志楽と阿良須
真倉と十倉
笶原神社


道子の手作り紙芝居

すばらしいサイトから、メールをいただいた。ぜひぜひのぞいて見て!


坂根氏
坂根正喜氏はヘリコプターで、丹後を写している。こんなに夢のある、しかし銭のかかる試みは丹後開闢以来のことではなかろうか。それらの写真は近々HP上に公開されるというが、それまでに貸してくれといって何枚か借りてきた。空から見ると、日常見慣れた風景とは異なる顔を見せてくれる。さすがにヘリだ。地べたから写すのとは違う。次をクリック。9回飛んだそうである。
心のふるさと丹後
坂根正喜GALLERY
←こんな記録を見つけられた。刊行予定だそう。坂根・嵯峨根氏は舞鶴のヌシのような氏族。古代の凡海連氏で、笶原神社の祭祀集団。オフシアマと読んでいるが、本来はオオミ(大海・大耳)の意で古い海人ミミ族のことか、伝説時代の陸耳御笠の一族か。本来の祭神は天照(海照)、皇祖神に設定される以前の天照神で、おとしめられてヒルコ、ヒルメ、エビスと呼んいる神とも思われる。元伊勢とするのも当たっていよう。中世は同氏一族と思われる佐武ケ岳城の坂根修理亮で知られる氏族。当書はこの部分しか触れていないが、それでも何かわかればと楽しみな話である。

書籍にして発刊できる準備ができたそうです。多い部数はありません。2000円くらいで、若干ならおわけできるそうです。

内容のサンプル





古代丹波歴史研究所の公式HP

当ページで紹介していない集会などは
伴とし子さんのFaceBook

第6回研究会(2020.9.12)の様子

クリックで動画へ↑(フルバージョン)

足跡   

(since'04/1/1) 当サイトの延べ訪問数
このページの一番左上にあります。


 アクセス先 1月のTop20 
左下にあります。


  blog集
「デシタル丹後」丹後の空からの一部がおいてあります)
「デジタル民間伝承の森」
「心のふるさと丹後」坂根正喜氏のブログ)
Town Review」(このHPの姉妹版です)


         
You Tube(当サイトの動画はだいたいここに置いてあります)
'08.7.5以降、780本ばかりをアップしています。これまでに延べ、
1、573、000 回再生されました。
チャンネル登録者もおかげさまで1000名超となりました。
1KCreatoとか。You Tubeからこんな画像を送ってきました。



返事が必要な方はメールしてください(すぐには書けないかも知れませんが…)。
 kiitisaito@gmail.com



    -私の自己紹介-
どうかよろしく!  斉藤 喜一
斉藤喜一
1947年舞鶴生まれの舞鶴育ち。郷土とか地域と呼ばれるもの、地名や歴史に興味を持ち出したのは30歳くらいの頃だったか。会社社会しか知らない者には驚きの連発だった。
30年間もやっていてもまだご覧になる程度のもの、迷宮深く迷い込んでしまった、しかしこれではこの先、死ぬまでやったところでタカが知れていると気が付いた、まことに人生は短く、学成りがたしである、木乃伊とりが木乃伊になりそうである、現在書けるところから書き始めて迷宮の木乃伊状態から抜け出してみるより仕方ないと思い立った。
丹後古代史などは特にその感が強いが、私としては、あまり満足できる書がなく、誰に聴いたところでそんな昔を知るはずもない。これは自分で書くより手が無いなと、自分向けに書いている途中です。
古代の表玄関。異様に輝く丹後の古代史を解くカギはこの海を越えて渡ってきた渡来人にあるとネライをつけています。丹後のいたるところに海を越えてきた渡来人たち(彼らこそが我々丹後人の祖先)の姿が見えるまで、丹後の歴史をさかのぼらせたいと思い苦闘中です。
21世紀は古い古代と同じように、日本海の時代となろう。過去ばかりを眺めているわけにはいかない。歴史とはそもそも現代のためにこそ書かれるものであろう。ならば愛すべき郷土の現代的課題にも黙っているわけにもいかない。これもまた郷土史家に課せられる重要な役割でなかろうか。温故知新の観点であり、取り立てて政治的な発言をしようとは思わぬが、やはり若干は問題はそこに及ばざるを得まい。
本来は郷土建設のための勉強であるはずなのだが、何故かその志は忘れられ、この分野からの発言は昔から一般に保守的、あるいは反動的に権力に追従するようである。大郷土史家と定評たかい人たちすら侵略戦争反対などといった者は一人もいない。郷土研究者が何のために中央権力にしっぽを振るのか。狭い地球上で万物の霊長と自負する人間様なら鉄砲や核を撃ち合うような情けないことはやめようではないか。
意図的に過去を自分に都合いいように修正したりするのはもってのほか、深い慚愧の念を抱く者からのみ新たな21世紀の郷土史家と郷土社会が誕生するであろう。そのハシクレにでもなれればと念じながら書いております。
 
 


当サイトのQRコード


当サイトのユーチューブQR

☆マーク(ブックマーク)を付けておいて下さい、ユーチューブはアカウント登録が必要のよう

What's new

 
−お知らせなど−
当サイトは1600ページばかりあります。入りやすいかと、7つに分割しました。

上の「ナビゲーション・バー」あるいは、右段のサイト内検索、あるいは下のリンクなどから入って下さい。


NEW 最近の追加ページ

旧・小浜町 一番町 四谷町 大手町 千種 上竹原 後瀬町 南川町 川崎 駅前町 小浜酒井 小浜津島 小浜多賀 小浜清滝 小浜鈴鹿 小浜塩竈 小浜生玉 小浜今宮 小浜広峰 小浜玉前 小浜白鬚 笶原神社(そら知らなんだ ふるさと丹後-4-) 真倉と十倉(そら知らなんだ ふるさと丹後-3-) 志楽と阿良須(そら知らなんだ ふるさと丹後-2-) 帰化人と渡来人(そら知らなんだ ふるさと丹後-1-) 八百比丘尼伝説 小浜日吉 小浜住吉 小浜竜田 小浜大宮 小浜神田 小浜男山 小浜鹿島 小浜白鳥 小浜貴船 小浜浅間 小浜大原 小浜香取 小浜飛鳥 後瀬山城 丹生郷 旧・宮川村 竹長 本保 大谷 新保 加茂 旧・国富村 丸山 羽賀 奈胡 熊野 次吉 栗田 高塚 太良庄 旧・松永村 池河内 門前 三分一 四分一 上野 平野 太興寺 東市場 旧・遠敷村 若狭姫神社 若狭彦神社 国分 上根来 中ノ畑 下根来 忠野 神宮寺 竜前 金屋 遠敷 旧今富村 湯岡 伏原 青井 府中 和久里 木崎 多田 天橋立アカデミック通信2020 生守 野代 尾崎 旧・中名田村 小屋 上田 下田 和多田 深野 深谷 旧・口名田村 相生 中井 奥田縄 口田縄 須縄 谷田部 飯盛 東勢 西勢 加斗 岡津 鯉川 旧・名田庄村 挙原 永谷 出合 木谷 虫谷 虫鹿野 小倉畑 挙野 染ヶ谷 槇谷 堂本 旧知三村 旧・南名田村 旧・奥名田村 三重 久坂 小倉   西谷 井上 納田終 口坂本 奥坂本 

丹後・丹波の地名集
地名資料など、取り上げている地域は、旧丹後国すべてと旧丹波国の一部です。

京都府の北部ですが、全国的には認知度は低く、兵庫県とか福井県とかとわからない、まさか京都府とは、京都なら舞妓さんでしょ、舞妓さんがおってんですかぁ、などと言われるところになります。京都が強烈ですから、そのカゲになって、あるのかないのかかすむ所に位置します。



50音順 
   い    
         
         
       
         
         
         
         
   り      
         


丹後・丹波
市町別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市


若狭・越前の地名集
若狭・越前
市町別
福井県大飯郡高浜町
福井県大飯郡おおい町
福井県小浜市
福井県三方上中郡若狭町
福井県三方郡美浜町
福井県敦賀市



TABLE OF CONTENTS   
(大まかな内容紹介)

 加佐郡の地名        丹後の加佐郡からですが、取り上げる地域に特に順番はありません、どこから読んで頂いてもけっこうですが、できれば最初から目を通して下さい。
加佐郡の地名の総目次
以下のものの総目次
はじめに
「平成の大合併」で郡名が消えていく。人も地域も消えることにならないか。
加佐の郡名についての考察の歴史をふりかえる。
朝代神社と朝禰神社
西舞鶴の総産土神を祀る朝代・朝禰は古くは千石山にあった姉妹の神社である。アサとは何か。
九社明神と九重神社
西舞鶴の地主神、九社明神とはどの社か。何を意味しているのか。九重はどう読むべきなのか。西舞鶴の古代史と深く関わる神社群についての考察。広田神社の祭主氏族
水銀地名−女布
女布は朱の産地を意味する地名。イカリ姫も水銀である。西舞鶴の発祥の地と水銀や金属との関係を考える。
水銀地名−邇保・二尾
二尾も朱の産地。舞鶴銅鐸と当地の歴史について。長浜。ニホの湖水。赤レンガ建造物群。
水銀地名−大浦半島の大丹生・浦入・禰布・赤野
大浦半島は舞鶴文化の発祥の地、海を使った交易だけでなく、ここには水銀と鉄があり、巨大な仁王像をもつ多禰寺がある。若狭湾漁民の信仰を集める冠島。日森神社・齋神社について。タイラとはタタラのこと
大浦半島2
成生あたりの考察。日神信仰とかかわりのある地名か。
朝来と志楽(志楽郷)
朝来・志楽と名を聞くだけでも古い東舞鶴の歴史を秘めていそうな、何か身震いしそうな地。朝来の地名と日本得魂命、枯木浦。枯木川。湾内4島。浮島丸事件。白糸。息津鏡・辺津鏡。世界樹
朝来の古代
志楽郷つづき
青葉山、大飯郡青郷 青海神社、泉源寺、白鬚神社、鈴鹿神社、鹿原・安岡 
元伊勢宮
元伊勢と呼ばれる社が丹後には幾つか残されている。加佐郡にもあり、その歴史についての考察、意外と金属文化とつながりが深そう…。
元伊勢宮つづき 上の続き
鉱山伝承の有道郷
京都府一の大河・由良川筋。古い歴史があるといわれる、アリとは蟻と言う…。
与保呂の里 ヨホロとは 日尾池姫神社 大蛇退治伝説 射矢神事
祖母谷と高橋郷 天藏神社 山口神社 三国岳 貴布禰神社 
弥加宜神社1 舞鶴の弥加宜神社
弥加宜神社2 大江町の弥加宜神社など
別所と鉄と俘囚
Column(ひと休み)
サシスセソの大昔はどんな発音だったか。大江季雄選手と友情のメタル


  Top 20     

 最も多く見られたページ。1月最後10日間のTop20

丹後の地名(トップページ)このページ
引揚船32隻の画像
丹後国(たんごのくに)
引揚船のリスト(舞鶴港)
第二次大戦の犠牲者数
陸耳御笠(玖賀耳御笠)の伝説
細川ガラシャ夫人
丹後の伝説9:麻呂子親王・日子坐王・土蜘蛛・鬼退治伝説
鎌鞍山清園寺:七仏薬師の寺(福知山市大江町河守)
溝尻(宮津市)
丹後宮津城(宮津市)
舞I空襲
丹波福知山城(明智光秀由縁の城)
白糸浜神社(舞鶴市)
阿蘇海と与謝海:日本三景天橋立の内海と外海(宮津市・与謝野町)
日本三景・天橋立(主に自然編)
「丹後の地名」資料集:舞鶴市内の地名の索引
戦艦通り:舞鶴市街地の軍艦地名 -1-:東舞鶴(舞鶴市浜)
由良川洪水史
竹野神社(京丹後市丹後町宮)





 いい書籍との出合いを!
  当サイトはどなたからも費用を頂いているわけでもありません、取材費が莫大になりボランティア精神だけではどうにもならなくなり始めました。スポンサーといえばナニですが、世界一の本屋さんの手伝いです。
 いい人との出合いは運次第、思うようには巡り会えないかも知れません、それが人生。
しかしいい本との出合いは、この本屋さんを探せば、いくらでもあります。
GOOD LUCK !

丹後の伝説・民話の本のショップ


そのほかの品物もテンコ盛り
田舎暮らしの不自由なことは、ショッピングに、特に現れるのでないでしょうか。地元商店で購入したい、地元に多少ともそんなことででも貢献したいとは思って、のぞいてみても、ナニもコレといったモノは売られていない。もうチイとらしいモンはないんかい。と、もしかして思われているならば、バですが、ここで探してみて下さい。
さらに加えて配達は抜群に速い。今日の午前中に注文すれば、明日には着く(在庫あるものならば)(ネダンは安いし会員なら配達料は無料)。

 
Link Free
 Copyright © 2021 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved