丹後の地名プラス

そら知らなんだ

丹後国神名帳(竹野郡編)
(そら知らなんだ ふるさと丹後 -20-)


/https://775maizuru.jp/

お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。



 
そら知らなんだ ふるさと丹後
シリーズ

帰化人と渡来人
志楽と阿良須
真倉と十倉
笶原神社
九社神社と加佐(笠)
枯木浦と九景浦
女布
爾保崎
丹生
三宅
日子坐王と陸耳御笠
麻呂子親王の鬼退治と七仏薬師
源頼光と酒顛童子
元伊勢内宮と元伊勢外宮
丹後国神名帳(加佐郡編)
丹後国郷名帳
丹後国神名帳(与謝郡編)
丹後国の5郡
丹後国神名帳(丹波郡編)
丹後国神名帳(竹野郡編)
丹後国神名帳(熊野郡編)
天橋立伝説




『丹後の地名』は、「FMまいづる」で月一回、「そら知らなんだ、ふるさと丹後」のタイトルで放送をしています。時間が限られていますし、公共の電波ですので、現行の公教育の歴史観の基本から外れることも、一般向けなので、あまり難しいことも取り上げるわけにもいきません。
放送ではじゅうぶんに取り上げきれなかったところを当HPなどで若干補足したいと思います。


古代丹後の神名帳-4-


 竹野郡の神名帳


『延喜式』↓


比定社の画像及び現在の所在地
(画面中央の小さな印のある場所)

 :現在の社殿 竹野郡
十四座
大一座
小十三座
 
当サイト内へのリンク
(主なもの)
大宇賀神社
網野町郷
大宇加(オホウカノ)神社 大宇賀神社
奈具神社
弥栄町船木
奈具(ナクノ)神社 奈具神社
溝谷神社
弥栄町溝谷
溝谷(ミソタニノ)神社 溝谷神社
国原神社
弥栄町国久
久尓原(クニハラノ)神社 国原神社
網野神社
網野町網野
網野(アミノ・アムノノ)神社 網野神社
依遅神社
丹後町遠下
依遅(エチノ)神社 依遅神社
大野神社
丹後町中浜
大野(オホノゝ)神社 大野神社
竹野神社
丹後町宮
竹野(タカノ)神社 大 竹野神社
丹後三宮
生王部神社
網野町生野内
生王部(イクワウヘノ・ニフヘ)神社 生王部神社
志布比神社
網野町塩江
丹後町大山

志布比(シフヒノ)神社 志布比神社(浜詰)
志布比神社(大山)
深田部神社
弥栄町黒部
深田部(フカタヘノ)神社 深田部神社
床尾神社
網野町島津
床尾(ユカヲノ)神社 床尾神社
癸枳神社
峰山町橋木
発枳(カラタチ)神社 発枳神社
売布神社
網野町木津
売布(ヒメフノ・メフ)神社 売布神社


 「室尾山観音寺神明帳」竹野郡五十八前
 『両丹地方史』(88.5)所収の「室尾谷観音寺の神名帳について(杉本嘉美)」より。
いわゆる国内神名帳で、丹後国司が作成した丹後国内の神社の神名・神階を記したもの。神社名に一部には訓注が付けられているが、いつの時代のものか、正しいかかは不明。寺院では神々の招聘に、このリストを使ったものであろうという。
今のどの神社にあたるのかの比定は、先人の研究に見当たらず、というか、このリスト自体が知られていなかったようで、郡誌や市町誌などにもなく、私の判断で行ったものです。

比定社
現在の所在地
現在の社殿  位階 神社名 備考
比定参考
竹野神社
丹後町宮
正二位 竹野明神 式内社 竹野神社
溝谷神社
丹後町溝谷
従三位上 溝谷(ミボタニ)明神 式内社 溝谷神社
生王部神社
網野町生野内
正四位上 壬生(ミブ)明神 式内社 生王部神社
志布比神社
網野町浜詰
丹後町大山

正四位上 志届比(シトミヒ)明神 志布比か
式内社
志布比神社
志布比神社
奈具神社
弥栄町船木
正四位 奈具明神 式内社 奈具神社
正四位下 栗原(クリハラ)明神 もしかすると国原神社
  正四位下 意布加明神
  正四位 大原明神
床尾神社
網野町島津
正四位下 床尾(トコオ)明神 式内社 床尾神社
依遅神社
丹後町遠下
正四位下 依遅明神 式内社 依遅神社
網野神社
網野町網野
正四位下 納野(アツノ)明神 式内社 網野神社
深田部神社
弥栄町黒部
正四位下 深田明神 式内社 深田部神社
  正四位下 馬肖(バショウ)明神
売布神社
網野町木津
正四位下 賣布明神 式内社 売布神社
癸枳神社
峰山町橋木
正四位 発枳(ホツキ)明神 式内社 発枳神社
弥栄町船木   正四位下 船木(フナキ)明神 船木郷
竹野郡船木里奈具村
  正四位下 物忌(モノイミノ)明神
  正四位下 三倉明神 登由宇気大神の天降りの時に従属した御倉命
竹野神社
丹後町宮
正四位下 (サイ)國主明神 斎宮神社か
丹波道主命を祀るものか
斎宮神社
佐陀神社
網野町公庄
佐田神社
丹後町吉永
  正四位下 佐田明神 佐陀神社は今はない 佐田神社
  正四位下 (マス)明神
  正四位下 碓井(ウスイ)明神
西浦福島神社
網野町浅茂川
  正四位下 常世(トコセ)明神 トコヨ
乙姫を祀ったものか
西浦福島神社
島児神社
網野町浅茂川
正四位下 奈岐(ナギ)明神 浅茂川明神・奈古社 島児神社
網野町尾坂   正四位下 雄坂(ヲサカ)明神 雄坂廃寺
  正四位下 豊木(トヨキ)明神
  正四位下 加西(カサ)谷明神
  正四位下 赤伊(シャクイ)明神
石上神社
弥栄町芋野
正四位下 物部明神 石上神社
  正四位下 瀧逓(タキテイ)明神
  正四位下 居石(コイシ)明神
  正四位上 天比()明神
  正四位上 葦田明神
  正四位上 土師(ハジ)明神 古墳、埴輪の造営にかかわった集団の社か
春日神社
弥栄町和田野
正四位上 粉杜(スギモリ)明神 鳥取郷8ケ村の氏神。古くは椙森社。 春日神社
  正四位上 賣根(ウルネ)明神
  正四位上 蔦谷明神
  正四位上 國主明神 丹波道主命を祀るか
弥栄町溝谷   正四位 (ミヅ)谷物部明神
弥栄町溝谷   正四位上 溝谷(ミヅタニ)國主明神
白滝神社
網野町掛津
  正四位上 (カケ)明神 大縣かも 白滝神社
網野町木津   正四位上 木津國主明神 木津のどこか
  正四位上 都牟気(トムゲ)明神
吉永神社
丹後町吉永
  正四位上 (ナシ)明神 松稔神社
  正四位上 宇奈手(ウナテ)明神
  正四位上 御神(ミカミ)明神
郡立神社
網野町公庄
正四位上 郡立(コリタテ)明神 郡立神社
  正四位上 大社明神
  正四位上 鎌倉(カマクラ)明神
弥栄町堤   正四位上 (ツツミ)明神 堤村か
  正四位上 河尻(カワジリ)明神
  正四位上 嶋屋姫(シマヤヒメ)明神
小田神社
丹後町徳光か
  正四位上 小田明神 あるいは弥栄町小田
  正五位下 大田明神
  正五位下 飯持(イイモチ)明神
  従五位上 (マガリ)明神
  従五位下 樋田(ヒダ)明神
大宇賀神社
網野町郷
従五位上 宇賀明神 式内社 大宇賀神社









 音の玉手箱
 精神に翼をあたえ、創造力に高揚を授ける、音の宝石


 RED RIVER ROCK  Red River Valley


(462) Red River Rock - YouTube
(466) Red River Valley  (with lyrics)  Mitch Miller - YouTube
(466) Red River Valley Dance (U S A ) - YouTube
(466) 【日本語歌詞】Red River Valley レッドリバーバレー 赤い河の谷間 - YouTube
(462) 赤い河の谷間|日本語歌詞付き|アメリカ民謡 - YouTube

レッドリバーのあたりはアイルランドとかスコットランドあたりの人だったのだろうか、何となくそうした曲に聞こえる。
アメリカも元々は貧乏大国の見本のような情けない国ではなかったと見られる、元へもどす努力を願う。
建国記念日とか、ウソでも古ければいいかのようなイカレたハナシも多いが、われらの祖が、どうしたココロザシをもって国を建てようとしたか、その精神を見ることなしに、建国などと言ってみても実は何もたいした意味はなかろう。その精神が低ければ、たいした意味もない国が生まれたようだということに過ぎまい。また周囲との関係のなかで生まれることが多いので、東アジア全体の情勢を見ることもない日本だけの孤立の建国などもありそうにもない。
アメリカの場合は
われわれは、以下の事実を自明のことと信じる。すなわち、すべての人間は生まれながらにして平等で あり、その創造主によって、生命、自由、および幸福の追求を含む不可侵の権利を与えられているという こと。こうした権利を確保するために、人々の間に政府が樹立され、政府は統治される者の合意に基づい て正当な権力を得る。そして、いかなる形態の政府であれ、政府がこれらの目的に反するようになったと きには、人民には政府を改造または廃止し、新たな政府を樹立し、人民の安全と幸福をもたらす可能性が 最も高いと思われる原理をその基盤とし、人民の安全と幸福をもたらす可能性が最も高いと思われる形の 権力を組織する権利を有するということ、である。もちろん、長年にわたり樹立されている政府を軽々し い一時的な理由で改造すべきではないことは思慮分別が示す通りである。従って、あらゆる経験が示すよ うに、人類は、慣れ親しんでいる形態を廃止することによって自らの状況を正すよりも、弊害が耐えられ るものである限りは、耐えようとする傾向がある。しかし、権力の乱用と権利の侵害が、常に同じ目標に 向けて長期にわたって続き、人民を絶対的な専制の下に置こうとする意図が明らかであるときには、その ような政府を捨て去り、自らの将来の安全のために新たな保障の組織を作ることが、人民の権利であり義 務である。これらの植民地が耐え忍んできた苦難は、まさにそうした事態であり、そして今、まさにその ような必要性によって、彼らはこれまでの政府を変えることを迫られているのである。現在の英国王の治世の歴史は、度重なる不正と権利侵害の歴史であり、そのすべてがこれらの諸邦に対する絶対専制の確立 を直接の目的としている。このことを例証するために、以下の事実をあえて公正に判断する世界の人々に 向けて提示することとする。

日本の場合は現行の憲法であろう。



関連情報





資料編のトップへ
丹後の地名へ

資料編の索引

50音順

丹後・丹波
市町別
 
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市

若狭・越前
市町別
 
福井県大飯郡高浜町
福井県大飯郡おおい町
福井県小浜市
福井県三方上中郡若狭町
福井県三方郡美浜町
福井県敦賀市







Link Free
Copyright © 2021 Kiichi Saito (kiitisaito@gmail.com
All Rights Reserved